2018年7-9月期

絶対零度の東堂の過去まとめ!階級を確認してみた

絶対零度で東堂定春(伊藤淳史)の壮絶な過去が分かってきました!
エリート街道まっしぐらかと思った東堂の闇の過去と、現在の階級をまとめてみました。

闇の過去は現在の善となるか悪となるか東堂定春(伊藤淳史)について見て行きましょう!

絶対零度、東堂定春(伊藤淳史)の過去を聞いてビックリしたど
Sponsored Links


絶対零度の東堂の過去まとめ

絶対零度で、“ミハンシステム”の総責任者である東堂定春(伊藤淳史)の謎だった辛く重い過去が明らかになりました。

東堂定春(伊藤淳史)は25年前に起きた練馬台無差別殺傷事件の被害者であり、この事件で父親が犠牲になっていたのです。東堂の首の傷はその時に負った傷だと思われます。

無差別に人を傷つける人間によって東堂定春(伊藤淳史)は父親を亡くしていたのです。

そして東堂定春(伊藤淳史)が未然犯罪捜査=ミハンシステムを作るきっかけがここにあったのです。また同じような事件が起こる前に未然に防ぎたいという強い思いから。

諸外国では、犯罪予測にビッグデータやAIの導入が試みられています。日本でも、犯罪を予測・解決できる“ミハンシステム”を早急に導入すべきだと考えたのです。

そして、ビックデータと過去15年分の様々な犯罪データを合わせ、AIが統計学的に犯罪を犯す人物を割り出すという未然犯罪捜査システムの導入を試みているのです。

第一線で活躍する人には大きな過去があるのですね

東堂の階級は?

東堂定春(伊藤淳史)は最短で出世コースを歩む、警視庁キャリアと言われています。東堂の刑事企画課・特別捜査官/警部という肩書を調べてみましょう。

刑事企画課とは
捜査運営に関する総合的な企画や指導のほか、刑事教養、公判対応、犯罪統計、情報分析支援等を担当し、全国の刑事の中枢-頭脳であり心臓と言われています。

特別捜査官とは特定の分野の犯罪捜査に必要な専門的な知識及び能力を有する者として採用された警察官のことです。

なりたいからと言って簡単になれるものでもなく、よっぽどの運と才能がなければ、なることはできないのです。

そして警部とは、警察法により定められている9階級の中にあります。東堂定春(伊藤淳史)はまだ若く、警部といっても超エリートなのですよ。

警視総監
警視監
警視長
警視正
警視
警部
警部補
巡査部長
巡査長・巡査

この階級始めて知りました^ ^ 金田一少年だったら、明智警部、コナンだったら日暮警部とか白鳥警部か…

東堂定春エリート中のエリートやないかーい!
Sponsored Links


東堂の過去にネットの反応は?

東堂の過去と、ミハン設立の理由も明らかにされ、闇の仕置き人はやはり伊沢か?でもそれだと話が終わっちゃう…
井沢だけでなくて東堂まで過去を背負ってるのか、また今回も真の悪に制裁がくだるのかと思ったら最後にこの展開。しびれるわ。
絶対零度の短いCMでも東堂さん沢山出てくるから心配になる…ミスリードだよね???
東堂さんは1人の子供が背負うには重すぎる過去と悪への憎しみをずっとひとりで抱え込んできたんだね
東堂さんは無差別犯罪に巻き込まれて大切な人を失った上に跡に残る傷まで負ってしまった過去があるんだね!
東堂と、井沢この2人はただの利用し合う関係でなく、もっと深く何かあるんじゃないか。
25年前の東堂さん因縁の事件と首裏の傷跡、そして今の思惑とは。
25年前に起きた事件の真相も…もしかして東堂さんの過去が明らかになるのかな
東堂さんの首の傷、過去に誰につけられたのか気になるあと井沢さんの過去も
東堂さんの過去が。悲しい。

出典:twitter

まとめ

絶対零度、仕置人の予想がネット上でも錯綜する所、ミハンシステムの責任者の東堂定春(伊藤淳史)についてまとめてみました。

真の悪者を制裁しているのは東堂定春(伊藤淳史)なのでしょうか?25年前から続く悪に対する思いは、仕置人として動いているのか。それとも陰で操る人物なのか…絶対零度どんな展開になるのか目が離せませんね!

東堂定春は超エリートだから自分の手は汚さないと見た!

■関連記事

Sponsored Links


関連記事

  1. 高嶺の花が聞き取りにくいのは私だけ?BGMがうるさい?

  2. 絶対零度のミハンとはどんな意味?現実にはあり得ないとかあり得るとか様々…

  3. 高嶺の花のセリフ集作ってみた!やっぱり野島ワールド炸裂だった!【更新あ…

  4. ハゲタカ鷲津のモデルは佐山展生氏?リアルに感じるいくつかの理由とは

  5. 絶対零度のキャスト一覧とその感想まとめ!「男爵が笑」「チェンジが心配だ…

  6. 高嶺の花の峯田和伸に無理と悲痛の声がとうとう出てしまう!でも起用には意…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP