2017年10-12月期

ユニバーサル広告社の原作の感想のまとめ 直木賞作家荻原浩の初連続ドラマ!n

画像出典:「ユニバーサル広告社」公式ホームページより

テレビ東京のドラマ「ユニバーサル広告社」が10月にスタートが予定されています。原作は、荻原浩氏のユニバーサル広告社シリーズ第3弾「花のさくら通り」です。
放送前に、「ユニバーサル広告社」の原作小説の感想をまとめてみました。

Sponsored Links


ユニバーサル広告社がドラマとしてスタート 原作は人気?

このドラマの原作を書いている荻原浩氏は、昨年「海の見える理髪店」で第155回直木三十五賞を受賞した小説家であることは有名ですが、

ユニバーサル広告社シリーズの第一作「オロロ畑でつかまえて」で第10回小説すばる新人賞受賞し、シリーズ第2作「なかよし小鳩組」は昨年2016年12月29日に「ダメ父ちゃん、ヒーローになる!崖っぷち!人情広告マン奮闘記」というタイトルでドラマ化されているのです。

そして、シリーズ3作目の「花のさくら通り」が初めて連続ドラマとなったのです。

シリーズ3作品で売り上げ37万冊を越える人気の小説の連続ドラマ化で、荻原ファンの注目が集まっています。

ユニバーサル広告社のあらすじやキャスト

ドラマの舞台となっている「ユニバーサル広告社」は、冒頭、都内ではあるけれど、すっかり寂れた古刹、行覚寺の門前町にある「さくら通り商店街」に引っ越してきます。そして、古びた3階建てのビルの和菓子屋の2階に事務所を開きます。

そこは明らかに和菓子屋の甘味処として飲食店舗用にレイアウトされていた場所で、畳の部分が広くスペースを占めていて和菓子屋の余剰部分を貸し出したに違いない空間でした。

ストーリーは、ここで「ユニバーサル広告社」の社長石井以下3名、コピライターで主人公の杉山、アートディレクターの村崎、アルバイトの猪熊エリカが、すっかり衰退してしまった「さくら通り商店街」を盛り上げてゆく物語なのですが、

「さくら通り商店街」に活気を取り戻すためにユニバーサル広告社が一丸となって奮闘する場面とか、旧さくら通り商店街の老人たちとその一部分であるのですが桜ヶ坂地区の若い商店主との対立、行覚寺の跡取り息子光照と牧師の娘初音の恋など、いくつもの最後はほのぼのする物語が展開されます。

キャストですでに決まっているのは、主人公杉山役の沢村一樹さんだけですが、昨年テレ東で放送されたユニバーサル広告社シリーズ「仲良し小鳩組」のスペシャルドラマ「ダメ父ちゃん、ヒーローになる!崖っぷち!人情広告マン奮闘記」にも主人公杉山利史役で出演しています。

Sponsored Links


ユニバーサル広告社の原作の感想まとめ

読者メーターへの投稿などをピックアップしてみました。

「主人公の杉山さんの猪突猛進が垣間見れるとこと、親心にはウルリときました」
「爽やかかつ胸の熱くなる極上のエンタメ小説。」
「広告制作会社が商店街を再生させる物語り。心温まるストーリーでほっこりも出来ます」
「寂れた商店街とプランナーのお話で面白みがあったと思います」
「衰退する商店街を盛り上げようと頑張る人たちの姿が生き生きしていたな~。」
「前向きになれるお話。仲間が増えていって団結していって商売に張りが出ていいですね。」
「面白く読めました。坊主と教会の娘の恋愛が何とも歯がゆい。」
「最後は胸がすくハッピーエンド。」
「映像化されたら、ラストがとても絵になりそう。」
「やたらと登場人物も多くて覚えるだけで大変だった。」

出典:読者メーター https://bookmeter.com/books/5105558

 

 

ドラマ・ユニバーサル広告社に期待すること・まとめ

地域で協力して町を盛り上げてゆくという活動は、もう一部の熱心な人たちを除いて行われなくなってきていると思われます。 核家族化という社会現象もありますが、それよりも住民のそれぞれの生活が最優先されて当たり前の風潮がそうさせているのではないでしょうか?

端的に言えば、隣がどうしているのか、気にならないのが一番!という感情が理由だと思います。

そこに一石を投じたのが、この「ユニバーサル広告社」なのです。

縁もゆかりもない「さくら通り商店街」に突然やってきた社員4人が、この町で自分たちに出来ることは何だろうと考えた末にたどり着いた結果が、住人同志の間にすっかり空いてしまった心の隙間を埋める活動だったのです。

彼らの奮闘と住民の協力に期待したいと思います。

この秋一番のおすすめする心温まるドラマです。

■関連記事

ユニバーサル広告社はひよっこ色強すぎ!?感想をまとめてみた

ユニバーサル広告社の主題歌はGLAY!あなたといきてゆくってどんな歌?感想まとめ

ユニバーサル広告社に和久井映見らひよっこキャストが!反応まとめ

Sponsored Links


関連記事

  1. ブラックリベンジに原作・モデルは存在するか?なんとあの人が……

  2. ドクターX6期内定って噂はウソ?本当?反応まとめ

  3. ブラックリベンジの木村多江が怖すぎるとネットが騒然

  4. 監獄のお姫さまは女囚セブンより面白くなる?意外と多い女囚ファン

  5. ブラックリベンジ佐藤二朗役が木村多江役を週刊星流に雇った理由は?知って…

  6. ユニバーサル広告社は三崎がロケ地!一度は行ってみたい港町?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP