2017年10-12月期

ユニバーサル広告社はひよっこ色強すぎ!?感想をまとめてみたn

「ユニバーサル広告社」が、ひよっこを彷彿させるドラマだと評判です。ネットでは「ひよっこのあの優しい穏やかな空気が流れています」とか「ひよっこ面々も出てるのが嬉しいな」という感想が多く寄せられています。

「ユニバーサル広告社」はひよっこ色強すぎなのか?感想をまとめてみました。

Sponsored Links




ドラマ・ユニバーサル広告社はひよっこ色が強い?

ユニバーサル広告社が引っ越してきた町の雰囲気が昭和チックで、主人公の杉山(沢村一樹)や社長の石井(三宅裕司)が穏やかな雰囲気の役柄なので、「ひよっこ」を彷彿とさせます。

もちろん脚本をひよっこと同じ岡田恵和さんが書いているのでドラマのタッチが似ているのかも知れませんね。

全体に安心感のあるドラマで、そんなところから、ひよっこ色が強いと感じるのだと思います。

ユニバーサル広告社とひよっこの3つの共通点

ここで、「ユニバーサル広告社」と「ひよっこ」の共通点を揚げるとすれば3つあると思います。

まずは、出演者が、沢村一樹、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうと4人も被っています。その上、それぞれの役柄の持つ雰囲気が似ています。

次にどちらも脚本を書いているのが岡田恵和さんで人物の描き方に共通点があります。どこか優しい穏やかな空気がドラマ全体に流れて、みんないい人に思えてくるところですね。

最後に、主役の沢村一樹が女性にモテるところですね。「ひよっこ」では奥様矢田部美代子(木村佳乃)と東京で出会った川本世津子(菅野美穂)の対決シーンが話題を呼びましたが、

「ユニバーサル広告社」では純喫茶「ジュルビアン」の看板娘藤沢さくらが早くも沢村一樹が演じる杉山に興味を抱いているようです。これからどうなるのでしょうか?恋の行方も楽しみです。

Sponsored Links




感想まとめ

Yahoo!リアルタイム検索でツイッター投稿などをピックアップしてみました。

「ひよっこが好きだった人はユニバーサル広告社を見たほうがいいね」

「ひよっこみたいな安心感があって、」

「まさにひよっこを彷彿させるけど、このドラマもとても良い」

「ひよっこのあの優しい穏やかな空気が流れています」

「90年代風のカメラワークとか世代的にたまらん。」

「ひよっこ延長戦のおじさんサクラクエスト面白かった」

「面白い!そして温かい 。ひよっこ面々も出てるのが嬉しいな。」

「ひよっこロスの方には良いかもしれない」

「登場人物みんな良い感じのキャラクター!和久井さん可愛いすぎる」

「結婚式場のポスターのコピーもデザインもよかった」

出典:Twitter

わたしの感想

第1話を見た限りでは、和久井映見のさくらさんが「ひよっこ」の愛子さんがそのまま「ユニバーサル広告社」に出演しているのかと思わせる程似ていたと感じました。 そこに、愛子さん人気を「ユニバーサル広告社」で再現したい脚本家の意図がハッキリ見て取れました。

きっと「ひよっこ」ロスを感じている人々が、ロス解消のために見るのではないかという期待があったのでしょうね。

しかし、残念ながら1話の視聴率4.4%を見る限り、その意図は外れたようです。

「ユニバーサル広告社」で原作者荻原智氏が描きたかったのは、寂れた商店街を活気ある街に変身させるストーリーを通じての、主人公杉山の心の変化だったのです。

かつて大手広告代理店のエースであった自分と決別できずにいた杉山が、商店街の人々の地道な活動に出会って、自分に手助けできることは何だろうかと考えられるようになるまでの心の脱皮の話なのです。

「ひよっこ」で登場した人物をキャスティングすることは良いとしても、杉山の心の支えとなっている恋人は娘の早苗なのだということを忘れてほしくありません。

■ 関連記事

ユニバーサル広告社の主題歌はGLAY!あなたといきてゆくってどんな歌?感想まとめ

ユニバーサル広告社のキャスト一覧 「ええっ!娘の早苗役がいないの?」

ユニバーサル広告社の原作の感想のまとめ 直木賞作家荻原浩の初連続ドラマ!

Sponsored Links




関連記事

  1. ドクターXの鉄板焼きのお店はトランプもいったうかい亭?

  2. ユニバーサル広告社の主題歌はGLAY!あなたといきてゆくってどんな歌?…

  3. 林家正蔵(元こぶ平)激やせ!病気で難病なのはドクターXでだけ?現実と混…

  4. ブラックリベンジで芹那が復讐ターゲットで心配「イメージぴったりってこと…

  5. ユニバーサル広告社3話節子の娘役工藤綾乃とは?そもそも誰なの?n

  6. ブラックリベンジの卒業アルバムの意味は?北里玲奈と石山美幸の名が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP