トレース~科捜研の男

トレース第6話あらすじネタバレ!荻原聖人の役どころは?過去の事件は政治関係?

『トレース~科捜研の男~』では、いよいよ真野礼二(錦戸亮)の過去の事件に動きが出始めました

なぜ、真野の家族は悲惨な事件に巻き込まれてしまったのでしょうか?

今回の物語の中で、『武蔵野一家殺人事件』を知る人物が現れます。

第6話のあらすじと共に『武蔵野殺人事件』について詳しくご紹介していきます。

Sponsored Links




トレース第6話あらすじネタバレ

前回の事件が解決した後、真野礼二(錦戸亮)は正体不明の人物から『非通知』で電話をもらいます。

『お兄さんのことで話がある』と正体不明の人物から呼び出された真野は、夜に呼び出された場所に向かいますが、結局誰も来ませんでした。

河川敷で溺死死体が見つかる

翌日、河川敷近くで男性の溺死体が発見される事件が発生します。

被害者男性は、高校3年生の時から行方不明になっていた新妻大介でした。

新妻の体には傷などは見当たらず、争った形跡も見つかりませんでした。

新妻の遺体が見つかった場所は、ホームレスのたまり場所のテントの中でした。

新妻は、ホームレスとして生きていたようです。

虎丸良平(船越英一郎)は、科捜研に今回の事件の鑑定依頼に来ます。

新妻の体には、溺死にもかかわらず、体は濡れていなかったのです。

喉と肺には少量の水が残っていただけで、他は何も分かりませんでした。

そのため、新妻の衣服や持ち物の鑑定を依頼してきたのです。

その中に、気になる遺品がありました。『血痕のついた軍手』です。

海塚律子(小雪)はその軍手を見ると、少し不安そうな表情をします。

そして、『今回の事件の担当は、水沢英里(岡崎紗絵)で。』と指示を出します。

しかし、鑑識課の沖田徹(加藤虎ノ助)が『今回の事件現場に女性は危ない!』と強く言い張ったため、真野が『自分がやる』と立候補します。

海塚は少し不満そうでしたが、最後は納得します。

虎丸は、今回の事件の鑑定を真野と沢口ノンナ(新木優子)に頼みます。

真野と沢口の臨場

さっそく、真野は沢口を連れ、遺体発見現場へと向かいます。

遺体発見現場には人込みが出来ていました。

その中に、花束を持った男性がいました。

虎丸はその男性に声をかけます。

その男性は、亡くなった新妻の高校時代の担任教師・早川尚文(藤原聖人)でした。

早川は『新妻は同級生の友人が家族を刺殺し、自殺したことが原因で行方不明になった』と話し始めます。

早川の話声が真野にも聞こえてきました。

その事件というのは、武蔵野一家殺人事件です。

その言葉を聞いた真野は耳を疑います。

鑑定が終わった真野に虎丸は「何か気になることは?」と聞きますが、真野は「ありません」と言って去ってしまいます。

いつもの真野ならば「何かあるのでは?」と鑑定を続けるのですが、今回は違いました。

その様子から、沢口や虎丸は心配したように真野を見ていました。

Sponsored Links




一家殺人事件は海塚が携わっていた

仕事が終わり、真野以外の科捜研のメンバーが居酒屋で食事をした際に、沢口が『武蔵野一家殺人事件について』ほかの研究員たちに聞きました。

すると、市原浩(遠山俊也)が「その事件は前の科長と海塚科長が担当していた」という話を聞きだします。

警察では、ホームレスたちの生活用品が新品なものが多かったことから、周辺の捜査を行っていました。

すると、ホームレスたちはある違法な手段を使って、家電などを購入していたことが分かりました。

真野は再度現場を訪れる

一方、真野は再びホームレスの場所を訪ねてきていました。

新妻が自分の兄と友人関係だったことから『武蔵野一家殺人事件』についての証拠が欲しかったためです。

しかし、ホームレスたちは「知らない」の一点張りで相手にしてもらえませんでした。

その時、真野はホームレスの中でもリーダー格の男性のテント内に入り込みます。

そこで、虎丸が「ここのホームレスは生活が裕福」という言葉を思い出します。

真野は冷凍庫にある氷を試験管の中にいれます。

テントから出た真野は、待ち受けていたホームレスたちから暴行を受けます。

暴行されているところへ早川が駆け付け、ホームレスたちは逃げてゆきましたが、真野はそのまま気絶してしまいます。

病院に運ばれた真野は、意識を取り戻します。

そして、助けてくれた早川に「自分は源義一の弟です。知っていることがあるなら、教えてほしい」と言います。

早川は驚きながらも、「新妻は義一をいじめていた主犯の一人」だったことを話し始めます。

そこへ、勢いよく沢口が部屋に入ってきました。

『心配した!』と真野に詰め寄る沢口を見た早川は、逃げるように部屋を去ってゆきました。

氷の鑑定からわかったこととは

真野は、ホームレスのリーダーの冷凍庫から持ってきた氷を鑑定します。

すると、新妻の体内から検出された液体と一致したことが分かりました。

虎丸の方も、真野がホームレスから暴行を受けてくれたおかげで、逮捕することができました。

ホームレスたちは、生活保護でもらっている薬を売買していたのです。

そのことが発覚することを恐れ、真野を暴行したようです。

虎丸からその話を聞いても、真野は浮かない表情でいました。

海塚からも「今回はやりすぎ」と注意を受けてしまいます。

真野は、海塚の注意を素直に受け入れ、部屋から去っていきました。

そして、事件の証拠が保管されている保管庫で『武蔵野一家殺人事件』を鑑定担当した人物の名前を見つけます。

鑑定担当は前科長の藤田、そして海塚

真野は、急いでその人物のもとへと向かいます。

その人物は、海塚の前の科長・藤田慎太郎でした。

真野は、藤田の自宅の近くまで来ると、藤田の家から海塚が出てくるのを目撃します。

海塚が親しそうに藤田の奥さんと話して帰っていく姿を真野は隠れて見ていました。

海塚が帰った後、真野は藤田の仏壇の前にいました。

藤田は10年前に亡くなっていたのです。

真野は「科捜研の人が訪ねてきてないか?」と聞くと、藤田の奥さんは「誰も来ていない」と嘘をつきます。

不審に思う真野でしたが、何も聞きだすことが出来ず帰っていきました。

科捜研に戻った真野に対し、沢口は「自分に協力できることがないか」と聞きますが、真野は「もう過去に鑑定した人は亡くなっていた」と答えると黙り込んでしまいます。

しかし、沢口は前回の食事の席で市原が『海塚も武蔵野一家殺人事件の鑑定に関わっていた』と言っていたのを思い出し、真野に伝えます。

その時、真野に早川から電話があります早川のもとへと向かいます。

Sponsored Links




早川が語ったことは

そこで、早川から「いじめを止められなくて、申し訳ない」と謝罪されます。

真野は、「兄は大学を目指し、頑張っていた。不登校にはなったけど、前向きに頑張っていた」と早川に話始め、事件の犯人は兄ではないことを伝えます。

さらに、警察によってあらゆる証拠が消されていたことも伝えます。

その話を聞いた早川はあることを思い出します。

前の新妻が『指紋鑑定』をされたという事実です。

それは、家族以外の不審な指紋が検出されていたことを裏付ける証拠でもあったのです。

真野は、急いで新妻のもとにあった『血痕のついた軍手』の鑑定を始めます。

そして、真野は帰宅する海塚を呼び止め、自分が『武蔵野一家殺人事件の生き残り』であることを伝え、今回の新妻の事件で発見された『血痕のついた軍手』と自分の家族のDNAの照合をすることを伝えます。

真野は、そのことだけ伝えると去っていきました。

海塚は、焦り、科捜研のパソコンに保存されたDNA解析結果の内容を改ざんしようとします。

その時、科捜研の部屋の電気がつきます。

真野が海塚をだまし、その部屋で待っていたのです。

真野は、海塚に「もう照合は済んでいる。軍手の血痕は、父、母、姉のものだった。」と伝えます。

武蔵野一家殺人事件はもみ消された?

海塚はあきらめ、すべてを真野に伝えます。

『武蔵野一家殺人事件は、警察の上の人間からの指示で捜査が打ち切りとなった。でも、真実を追いかけた以前の科長が隠れてノートに鑑定した内容を記していた。』と真野に伝えます。

しかし、海塚は真野には事件のことを忘れて、前に進んでほしいと願っていたのです。

そのために、今回の新妻の事件にも関わらせたくはなかったのです。

真野は、海塚から藤田のノートを見せられます。

そして、黙ってそのノートを持って海塚の前から去っていきました。

残された海塚の目には大粒の涙が溢れました。

真野のことを守りたかった海塚は、とても辛い思いでいました。

真野は、藤田のノートに書かれていた鑑定記録を読みます。

すると、驚きの真実が書かれていたのです。

真野が藤田のノートで見つけた新たな真実・・・『姉が妊娠3か月』というものでした。

姉は当時、高校1年生でした。

『武蔵野一家殺人事件』には、大きな闇が隠されていそうです。

一方、警察では『新妻の事件捜査の打ち切り』が決まり、虎丸は不審思います。

警察の中でも何かが動き出したようです。警視庁では、刑事部長の壇浩輝(千原ジュニア)のもとに『ホームレス事件』の鑑定書が届けられます。

その内容に目を通した壇は『真野礼二』の名前を見つけ、吹き出すように笑い始めたのでした。

気になりますが、今回はここまでとなっています。

Sponsored Links




荻原聖人の役どころは?

第6話で登場しました荻原聖人が演じる早川尚文はどのような人物なのでしょうか?

ホームレスになり、遺体として発見された新妻大介のことを気にかけ、事件現場にやってきたのが早川でした。

新妻の高校時代の教師でもあり、『武蔵野一家殺人事件』を知る人物でもあります。

新妻がホームレスになったきっかけが『武蔵野一家殺人事件』だったのです。

新妻と真野の兄・源義一は同級生であり、当時二人の教師だったのが早川です。

早川は、新妻が義一をいじめていたことを知りながら、そのまま放置してしまっていました。

そのことをずっと後悔していたようで、卒業してからも新妻や義一のことを忘れられずにいたのです。

今回、『武蔵野一家殺人事件』を知る人物として登場した早川でしたが、ただ事件を知っているだけの人物なのでしょうか?

本当は、事件の関係者ではないかとも考えられます。

早川が真野に話した内容は真実なのかも、まだ分かりません。

これから、早川が真野の味方として登場するのか、それとも事件を隠蔽しようと企む側で登場するのかにも注目していきたいですね。

複雑な表情や、何か裏があるような話し方の中に『武蔵野一家殺人事件』の真相が隠されていそうですよね。

早川の登場で視聴者が、「本当は敵?味方?」と思ってしまうような気持ちになるので、ドラマがより楽しく見ることが出来ます。

荻原聖人が演じる早川は、今後の『武蔵野一家殺人事件』に大きく関わってくるかもしれません。

25年間、何も動きがなかった過去の事件がついに動き始めたのです。

そのきっかけになったのが、新妻の死と早川の登場でした。

今後の早川尚文の行動や発言は、真野を真相へと導いてくれるものなのか?

ぜひ、真野の協力者として、早川が活躍してくれることを願います!

Sponsored Links




一家殺人事件は政治関係?

25年前、武蔵野一家殺人事件が発生しました。

被害者は、源家の父、母、長女

犯人は、その家の長男によるもので、一家心中だったという内容で処理されていました。

月日は流れ、その事件の生き残りで末っ子である真野礼二は、科捜研に入り、『武蔵野一家殺人事件』の真相を探していました。

事件の鑑定内容に不審な点が多くあり、警察によるずさんな捜査に憤りを感じている真野に、今回新たな真相が見つかったのです。

それは、科長・海塚の以前の上司・藤田が書き記した『武蔵野一家殺人事件』の鑑定資料でした。

記された内容は、事件で使われた凶器や遺体の損傷などが細かく記載されていたものでした。

そして、姉が妊娠していた事実を真野は初めて知ります。

このことが後に『武蔵野一家殺人事件』の真相に大きく関係してきそうです。

真野の一家はなぜ殺されなければいけなかったのでしょうか?

ここからは予想になるのですが、源家の長男・義一をいじめていた主犯の一人は新妻であることは、当時の高校教師・早川から教えてもらいましたね。

しかし、『主犯の一人』ということは、他にも誰かいじめていた人物がいたということになります。

もしかしたら、その人物が政治関係者の子供だった場合、警察に圧力をかけていた可能性がありますよね。

さらに、気になるのが警視庁刑事部長・壇の存在です。

ここで、気づいた方もいるかと思いますが、壇は新妻と同い年なのです。

もしかして、壇は新妻や義一のことを知っている可能性があります。

そのため、真野の存在を知るたびに笑い出すのでしょう。

『武蔵野一家殺人事件』は、政治関係の圧力によって闇に葬り去られた事件の可能性もあります。

では、誰がこのような事件を引き起こしたのか?

これから、まだまだ解決していかなくてはいけないことがありますね!

真野は、これから姉の妊娠した真実と向き合っていくことでしょう。

これからどんどんブラックな内容になりそうで、正直憂鬱だわ~
Sponsored Links




トレース第7話の予告とあらすじ

真野(錦戸 亮)は、25年前に殺害された当時高校生の姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知る。真野は、兄の義一(倉悠貴)も通っていた高校の教師・早川(萩原聖人)に会い、姉に関する情報を求めた。

ノンナ(新木優子)は、 英里(岡崎紗絵)と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは、公園で女性が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。男たちは、ノンナが科捜研の研究員だと知ると逃げ去ったが、そのときにはすでに女性の姿はなかった。

一方、虎丸(船越英一郎)は、捜査一課長の江波(篠井英介)から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。事故は、真夜中に徘徊していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。

所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた虎丸は、真野たちに事故車の調査を依頼する。虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。

そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われ…。
引用:フジテレビ公式サイト

まとめ

いよいよ『武蔵野一家殺人事件』の関係者が現れましたね!

なぜ、悲惨な事件がおこってしまい、真相が闇に葬り去られなくてはいけなかったのでしょうか?

それに関しては、まだ明らかにはなっていませんが、警察の上層部からの圧力によるものと考えられます。

真野の追い求める真相には、強大な敵が多くいそうです。でも、沢口や虎丸がきっと助けてくれることを信じて、頑張ってほしいですね!

ぜひ、今後もドラマ『トレース』をご覧ください!

Sponsored Links




■ 関連記事

関連記事

  1. トレース~科捜研の男~第4話のあらすじネタバレ!科捜研の男が容疑者?

  2. トレース第10話あらすじネタバレ!次回の最終回を予想してみた!

  3. トレース~科捜研の男~第7話見逃し動画!無料で見られる配信サービスを紹…

  4. トレース~科捜研の男~第5話見逃し動画!無料で見られる配信サービスを紹…

  5. トレース~科捜研の男~第3話見逃し動画!無料で見られる配信サービスを紹…

  6. トレース~科捜研の男~第2話見逃し動画!無料で見られる配信サービスを紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の記事!

カテゴリー

PAGE TOP