トレース~科捜研の男

トレース~科捜研の男~第3話見逃し動画!無料で見られる配信サービスを紹介!

2019年冬ドラマの月9として注目されている『トレース~科捜研の男~

第3話では、船越英一郎さん演じる虎丸に注目が集まる回となりました。

そんな『トレース~科捜研の男~』第3話を見逃してしまった方におすすめなのが動画配信サービスです。

今回は、『トレース~科捜研の男~』の動画を無料で配信しているサービスや、ドラマの見どころ、第3話のアンケート結果をご紹介していきます。

トレース第3話を見逃した場合にオススメの配信サービスはコレ

トレース~科捜研の男~を見逃した場合にオススメの動画配信サービスは今のところ以下になります。

  • Tver(放送終了後1週間視聴可能)
  • FOD(放送終了後1週間視聴可能)
  • FODプレミアム(放送終了後から視聴可能)

TverFODは無料で動画を見ることができる配信サービスです。

しかし、放送終了から1週間の限定配信となるので、トレース~科捜研の男~第3話は2019年1月28日(月)20:59に配信が終了となります。

もし、1月28日(月)20:59 以降に見るのであれば、『FODプレミアム』の利用がおすすめです。

『FODプレミアム』は月額888円(税抜)で国内海外ドラマ、アニメ、マンガなどが見られる動画配信サービスです。

FOD(フジテレビオンデマンド)の名の通り、フジテレビが自社のTV番組を中心に動画配信サービスをおこなっています。

FODではドラマやバラエティの番組の最新回が1週間無料配信されていますが、他の回を見る場合にはFODプレミアムの会員になる必要があります

ちなみに、今ならAmazonアカウントを使えば、最初の1ヶ月が無料で見放題

動画をどれだけ見ても1ヶ月以内に解約した場合には料金が請求されることがありません。

トレース~科捜研の男~第3話を見逃してしまったら、『FODプレミアム』でご覧になってくださいね。

話題の人気ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』『コード・ブルー』も配信。
▽雑誌も見られる動画配信サービス『FODプレミアム』の登録はこちら▽

動画共有サイトの利用がおすすめできない理由

ドラマの無料見逃し動画では、動画共有サイトDailymotion・Pandora・miomioなどにもアップロードされていることがあります。

ですが、これらの動画共有サイトでは著作権違反でアップロードされている動画が多いため、おすすめができません。

なにより、パソコンのウィルス感染、個人情報が漏れる恐れがあります。

無料で見られるという甘い誘惑に負け、大きな損失を被る可能性は大。

ドラマや映画は動画配信サービスで見ることが一番安心かつ安全な方法といえます。

トレース第3話のあらすじは?

2019年1月14日(月)に放送されたトレース第3話のあらすじをご紹介します。

科捜研の真野礼二(錦戸 亮)は、絞殺されたものと思われる9歳の少女(高松咲希)に関する鑑定を依頼される。

被害者は、同級生の三島唯(稲垣来泉)と公園内の山林に基地のようなスペースを作って遊んでいた。夕方、唯は先に帰ったが、被害者の母親から娘が帰宅しないとの通報があり、翌朝、遺体となって発見されていた。死因は窒息死だった。また被害者の通う小学校付近では不審者の目撃情報もあったという。ノンナ(新木優子)とともに付着物のDNA鑑定などを行った真野は、被害者に暴行された形跡がないことを確認する。するとそこに、虎丸(船越英一郎)の先輩でもある刑事・鶴見茂(大地康雄)が現れる。鶴見は、20年前と10年前に起きた連続幼女殺人事件を追っており、今回のケースも犯行手口が酷似していることから情報を求めにきたらしい。実は鶴見たちは、10年前に被疑者として西内智幸(池内万作)をマークしたが、証拠不十分で逮捕出来ずにいた。その西内は、被害者も時々訪れていた児童館のボランティア職員だった。

虎丸は、被害者の両親・松戸志津香(松本若菜)と直樹(永岡佑)に会いに行く。だが、志津香と直樹は、お互いに責任をなすりつけ、ケンカを始めてしまう。

そんななか、真野たちは証拠を求めて臨場に行く。そこで、木の枝が折れていることに気づいた真野が周辺を調べると、タバコの吸い殻が落ちていた。吸い殻から採取した検体のDNA型は、西内のDNA型と一致し…。
引用:フジテレビ公式サイト

トレース第3話アンケート結果を発表!

当サイトでは、2019年1月21日(月)に放送されたトレース第3話を見た方を対象にアンケート調査をおこないました。
その結果集まったドラマへの感想をご紹介しますね。

今回は過去まだ2話しか放送してませんが、1番泣きそうになりました。
始まって当初は、犯人は最初に出てきた男性かと思っていました。実際、不審者情報があったとの話も出てましたので。
ただ、時間を重ねるうちに、原因は両親の不仲、娘の切実な元の仲の良い2人に戻って欲しい、離婚をしないで欲しいという気持ち、願いからであり、偽の自殺をしたら思い直してくれるのではないかという話に本当にうるっときました。
友達である仲良しの女の子もこんなことはなかなか、1人で抱え込んでしまって確かに内に秘めてしまうかもしれませんね。
だとただ、ごめんねごめんねと自分を責めている姿にドラマの話ではありますが、テレビ前で思い悩まないで、1人で苦しかったねと小さくですが、話しかけて泣いてました。
見つかった状況も状況で、最初は本当に誘拐とか暴行かと思ってましたが、実はこういう裏で悲しい事実が隠されているとは思わず、ある意味、裏切られたかなと感じてます。
月曜の仕事始まった週の9時には重すぎるのでもうすこし、ミステリー系には軽くというのは難しいと思いますが、そういうのであってもいいんではないかなとは思います。
全体的に話は面白かったです。
元ネタの漫画を少し読んでいたので、ドラマでは船越英一郎の役柄に少し腹が立ちます。
怒鳴っているだけで、科捜研を馬鹿にしている癖に、刑事の感といって的はずれな捜査をして、最後は科捜研のお陰で事件の全貌が見えてくると言った展開が続き、今の時代こんなのがいたらパワハラだろうと思ってみてしまいます。
3話では、1人の刑事が証拠を捏造したことが分かり、容疑者候補として上がっていた男がなにもしてないと本当に思いました。
しかしその後の調べでやはり関係していることが分かったときは度肝を抜かれました。
しかし1話から3話まで全てで、最後にひっくり返る展開だったので、どうせ今回も最後は違う展開が待っているんだろうと思ってしまう節があります。
錦戸亮演じる役の過去にあったことが、少しずつ明かされて行くようなので、本編よりもそちらが気になっています。
最後のどんでん返しの展開にもう少し工夫されるのを期待しています。
幼女殺人事件ということで、過去に容疑者として挙がっていた男であったのですぐに事件は解決すると思っていました。
しかし、過去の事件には関与していたものの今回は関与していなかったという展開で犯人が誰なのか分からない状況でまた意外なところから犯人が現れるのかと思っていました。
真実に近づくにつれ、もしかしたら…という考えが観ている内に感じました。
殺害されたと思っていた女の子が実は自殺未遂の上で誤って本当に自殺してしまったと知りとてもショックでした。
その理由も仲の悪い両親に仲良くなって欲しいという理由からというので心苦しかったです。子どもなりに考えたとはいえ、自殺未遂以外の考えはなかったのか、両親のどちらかに聞いてもらえなかったのかと思いました。
聞いてもらえない雰囲気であったなら、誰かに相談出来なかったかと思いました。自殺してしまった女の子も辛い思いをしたと思いましたが、一緒にいた友達も目の前でその瞬間を見てしまい辛かったと感じました。
子どもだけではどうしようもないことがありましたが、昔のように誰かに相談出来るような環境がなくなってきているようにも感じました。
今回の内容はドラマだけではなく、今の時代、もしかしたら同じように考えている人もいるのではないのかと感じました。
最初は幼女連続殺人かと思いましたが、すぐに刑事による証拠ねつ造へと変わり、何だかんだで幼女連続殺人を解決し、最後に少女の謎の死の真相を明らかにするという、目まぐるしく展開が変わって行く内容でした。
ですが、筋を追えなくなるというほどではなく、むしろ次の展開はどうなるのだろうと思いながら見ることができました。
ラストは何だか心が痛くなる内容でした。真実だとか真相だとかいうものは、必ずしも優しい結末とは限らないし、予想外のことが起こるのも確かだけれど、できれば現実にはこんなことが起きないで欲しいと願ってしまいます。
子どもというのは、案外、親が思っている以上に多くの物事を見つめ、多くのことを考えています。それなのに表現力はとても拙い。だからこそ子育ては難しいとも言えます。
なぜ少女は親に言えなかったのかという沢口(新木優子)の問いに、主人公の真野(錦戸亮)が答えだ言葉は、子どもに限らず大人の世界にでも通用する気がします。
健気な子供の悲しいお話でした。亡くなった女の子の両親の夫婦仲が悪かった為に悲劇が起こってしました。
子供の気持ちを考えなかった夫婦が悪いと思われる人は多いかと思いますが夫婦は他人であるということを認識させられるお話でした。
子供の気持ちをわかってあげることができなかった夫婦はずっと後悔して生きていかなければいけないのは辛いと思います。
亡くなった女の子の捜査は連続暴行犯の仕業だと過去に捜査していた刑事が証拠隠蔽するという話もあって捜査の進展しないままでした。
警察の捜査に不信を抱く過去に傷を持つ科捜研の主人公が女の子の亡くなった真実を見つけ出しました。
警察の捜査を絶対に信用しないその姿勢がこのドラマの見どころです。少しづつ主人公の過去が明らかになっていくストーリーに期待しています。
家族を殺されて犯人は実の兄だと警察の思い込みの過去の捜査がどのようにして解明されていくのか次回のお話を楽しみにしています。
第3話は悲しいお話だったね。。。元はといえば、被害者の両親が原因とも言えるし!

トレース第4話の見どころは?

次回トレース第4話のあらすじ見どころについてご紹介します!

科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)が遺体で発見される。発見場所は浩司のアパートで、第一発見者は、アパートの大家から浩司と連絡が取れないとの連絡を受けて訪れた相楽だった。死因は、頸動脈を切られたことによる失血死で、凶器は部屋にあった包丁だった。また、室内は荒らされており、財布や預金通帳等がなくなっていた。真野(錦戸 亮)とノンナ(新木優子)は、臨場要請を受け現場に向かった。そこで虎丸(船越英一郎)は、遺体に首以外の傷がないことから、強盗に見せかけた顔見知りの犯行だと主張する。

真野たちの鑑定によれば、室内から被害者以外のDNA型は見つからなかった。だが真野は、収納ボックスの引き出し内に付着した一滴の飛沫血痕が気になっていた。虎丸が主張するように、犯人が浩司を殺してから強盗に見せかけて部屋を荒らしたのなら、引き出しの内側に血痕がつくはずはないからだ。

事情聴取で相楽は、浩司とは何年も会っていないと話す。浩司は嘘を並べて家族や友人から金を借りており、相楽自身も300万円ほど貸したままだという。アイツは殺されても仕方のない嘘つき野郎――相楽はそう言い放つ。

浩司は、金を借りた相手と金額を書き残していた。そのリストを元に犯人を絞り込もうとする虎丸たち。同じころ、浩司が3000万円の定期生命保険に入っており、今月で保険期間が終了することが判明する。虎丸たちは、受取人になっていた浩司の元妻・千尋(瑛蓮)に疑いの目を向けた。しかし、千尋が証言した通り、見つかったのは古い保険証券で、受取人は浩司の叔母に変更されており、その叔母も3年前に他界していた。

ノンナは、事情聴取から戻った相楽に、犯人が最初に部屋を荒らしていたことを報告する。だが相楽は、鑑定依頼もない作業をしている真野とノンナに苛立ち、余計なことはするなと怒りをぶつける。

そんな折、浩司の携帯電話履歴から、事件の3日前、相楽に何度も電話していたことが判明する。しかもその日、ふたりが会っていたこともわかり…。
引用:フジテレビ公式サイト

まとめ

第1話から第3話まで、ど天返しの結末になっているトレース。

最後にあっと驚く内容になっていて、見ていて面白いという声が目立ちます。

その一方で、視聴率は少し下がり気味にあるのが気になるところ。

次回、第4話では科捜研の仲間の家族が被害者になります。

どんな内容になるか今から楽しみですね。

Sponsored Links




関連記事

  1. 『火垂るの墓』2019年の放送予定は?視聴できる動画配信サービスはどこ…

  2. 家売るオンナの逆襲5話見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹…

  3. トレース第6話あらすじネタバレ!荻原聖人の役どころは?過去の事件は政治…

  4. 家売るオンナの逆襲最終回(第10話)見逃し動画!無料配信サービスをご紹…

  5. 後妻業を見逃した!無料で見られる動画配信サービスはこれ!

  6. 3年A組第2話見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の記事!

カテゴリー

PAGE TOP