トレース~科捜研の男

トレース~科捜研の男~第1話見逃し動画!無料で見られる配信サービスを紹介!

いよいよ新ドラマが続々と放送されていきますね!

その中でも月9『トレース~科捜研の男~』は、関ジャニ∞の錦戸亮さんが主演を務めることもあり、話題になっています。

今回は、新ドラマ『トレース~科捜研の男~』第1話の動画を無料で配信しているサービスや、ドラマの見どころ、第1話のアンケート結果をご紹介していきます。

トレース第1話を見逃した場合にオススメの配信サービスはコレ

トレース~科捜研の男~を見逃した場合にオススメの動画配信サービスは今のところ以下の3つです。

  • Tver(放送終了後1週間視聴可能)
  • FOD(放送終了後1週間視聴可能)
  • FODプレミアム(放送終了後から視聴可能)

TverとFODは無料で動画を見ることができる配信サービスです。
しかし、放送終了から1週間の限定配信となるので、トレース~科捜研の男~第1話は2019年1月14日(月)20:59に配信が終了となります。

もし、1月14日(月)20:59 以降に見るのであれば、『FODプレミアム』の利用がおすすめです。

『FODプレミアム』は月額888円(税抜)で国内海外ドラマ、アニメ、マンガなどが見られる動画配信サービスです。

FOD(フジテレビオンデマンド)の名の通り、フジテレビが自社のTV番組を中心に動画配信サービスをおこなっています。

FODではドラマやバラエティの番組の最新回が1週間無料配信されていますが、他の回を見る場合にはFODプレミアムの会員になる必要があります

今ならAmazonアカウントを使えば、最初の1ヶ月が無料で見放題

ちなみに、動画をどれだけ見ても1ヶ月以内に解約した場合には料金が請求されることがありません。

トレース~科捜研の男~第1話を見逃してしまったら、『FODプレミアム』でご覧になってくださいね。

話題の人気ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』『コード・ブルー』も配信。
▽雑誌も見られる動画配信サービス『FODプレミアム』の登録はこちら▽

動画共有サイトの利用がおすすめできない理由

ドラマの無料見逃し動画では、動画共有サイトDailymotion・Pandora・miomioなどにもアップロードされていることがあります。

ですが、これらの動画共有サイトでは著作権違反でアップロードされている動画が多いため、おすすめができません。

なにより、パソコンのウィルス感染、個人情報が漏れる恐れがあります。

無料で見られるという甘い誘惑に負け、大きな損失を被る可能性は大。

ドラマや映画は動画配信サービスで見ることが一番安心かつ安全な方法といえます。

トレース第1話のあらすじは?

2019年1月7日(月)に放送されたトレース第1話のあらすじをご紹介します。

ある陰惨な事件を経験した過去を持つ 真野礼二(錦戸 亮)は、警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員。「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持つ真野は、周囲からその実力を高く評価されている反面、クールで協調性がなく、必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在でもあった。

ある日、真野の上司である法医科科長の海塚律子(小雪)は、相楽一臣(山崎樹範)や市原 浩(遠山俊也)、水沢英里(岡崎紗絵)ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。大学院で遺伝子の研究をしていたノンナは、大学OGの律子に誘われて科捜研に入所したものの、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に係わることに戸惑いを隠せないでいた。

するとそこに、警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)と猪瀬祐人(矢本悠馬)、鑑識員の沖田 徹(加藤虎ノ介)らがやってくる。イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。それを聞いた虎丸は、即座に多摩川の捜索に向かおうとした。そんな虎丸に、多摩川を探しても意味がない、と告げる真野。だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野を睨みつけると出ていってしまう。すると真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。律子は、真野の勝手な行動を非難する研究員たちの言葉を受け流すと、ノンナに同行を指示し、「しばらく彼について学びなさい」と続けた。

現場に到着した真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。

司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されており、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。死亡推定時刻は4日前の深夜だった。また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。

そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越 満)が警察署を訪れるが…。
引用:フジテレビ公式サイト

トレース第1話アンケート結果を発表!

当サイトでは、2019年1月7日(月)に放送されたトレース第1話を見た方を対象にアンケート調査をおこないました。
その結果集まったドラマへの感想をご紹介しますね。

苦戦が強いられている月9に、演技で定評のある錦戸くんがどのような演技を魅せてくれるのか楽しみにしていました。
しかし、ドラマの内容は有りきたりな印象で、新木優子の役柄(沢口ノンナ)もあまりパッとしません。
錦戸くん演じる真野礼二は辛い過去を経験したことから、鑑定結果こそが真実で一切鑑定を妥協しない優秀な法医研究員。
そしてその辛い過去はまだベールに包まれているものの、家族の死が絡んでいるようなわかりやすい回想シーンが1話目にして登場します。
「鑑定こそ真実」という設定には過去に辛い経験がなければ成り立たないものなのか、内容がややありきたりで薄っぺらい感じがしました。
そして、なぜか他の法医研究員は仕事終わりにすぐに飲み会にいき、ノンナもあまりやる気がないという設定で、科捜研という職場なのにリアリティーがありません。
警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)は、やたらと刑事の勘を振りかざすキャラクターで、ここでわざわざ真野礼二に絡む必要があるの?と違和感を感じるシーンも多く、無理矢理感がありました。
さらに1話目にして、真野礼二に信頼を置きつつある虎丸良平が垣間見れ、絡んだり信頼したり一貫性のない人物と化していました。唯一安定しているのは小雪が演じた法医科科長。
そもそも小雪が出演しているだけで、科捜研らしさが出てきてドラマが締まる印象でした。
期待はずれ感はありますが、1話完結で見やすいため、2話目以降どのように面白くなっていってくれるのか、期待したいところです。
科捜研の女を何度か見たことがあるため、少し見てみようかなという気持ちで、科捜研の男も視聴してみました。
1話目からバラバラ殺人ということで、個人的にとても興味をひかれました。
捜査の内容は、よくある刑事ものの展開で、特に目を引くことはなかったように思います。
血痕が見つかった場所、その血痕が示す意味から犯人を割り出した展開は、面白かったです。
母親と娘の火傷跡が上手く活かされていたのもよかったと思います。
また、犯人かな?と感じる人が何人かいて、父親が最有力かと思いきや、実は合っていたのは一部で、犯人は意外なところにいたというのは、私は見ている中では気付かなかったところで、純粋に楽しむことはできました。
ただ、家族の中には、怪しいと感じる部分があって、薄々気付いていたようなので、全く読めない展開ではなかったと思います。
所々に挟まれる真野礼二(錦戸亮)の過去は、ドラマの主人公に暗い過去があるというありがちな設定なように思いましたが、凄惨なものであったような描写があったため、今後の内容には関心があります。
そんな中で、ただ一つ気になったのは、虎丸良平(船越英一郎)がずっとキレているだけの小物な刑事に見えてしまい、それによって台無しになっているように感じました。
内容的には面白いと感じただけに、あの刑事が気になって仕方なく、とても残念です。
刑事にうんざりしてしまい、2話の視聴はしないつもりです。
錦戸亮さんの主演ということで楽しみにしていました。
科捜研の話だから死体とかでてくるんだろうなと思っていました。
苦手なので覚悟してみましたがリアルな感じだったので食事中は見たくないと思いました。一話は導入部だけど最初からDVの話だったので気持ちが沈み、子供と見ていたので子供も暗い話だねと言いました。
薬品を使って血液反応を調べるシーンでは詳しく解説していたので今までのドラマよりわかりやすかったです。
錦戸さんのキャラが今までのイメージとは違ってクールでした。また過去のことも出てきてこれから少しずつ変わってくるのかなと楽しみです。
新木優子さんは新人の役がぴったりでした。新人さんだったらやっぱり最初からあんな死体を見たら吐いてしまうだろうなと予想できました。
最初からいきなり現場とかに行くものなのかな?と思ったけど話がスムーズに進んでいつたのでテンポよく見れました。
真犯人も意外だったし面白かったです。船越さんは怒鳴りすぎだろうと突っ込みたくなってしまいました。
あんなに熱い刑事さんがいるんでしょうか。
毎回このパターンなのかなと思ったけど次週も楽しみです。
CMなどを見て、面白そうなドラマだなと楽しみにしていました。元々サスペンス系のものは好きなので、ストーリー的にはとても面白いなと思いました。
錦戸さんの演じる方が何か過去に闇を抱えてそうな感じがますます興味を引き、今後も見ないと分からないなあという印象です。
ただ、船越さんが出てくる時に声や動作の音が大きく驚くことが多々ありました。
錦戸さんの声が小さく感じたので、テレビの音量を上げていると、船越さんが出て来た時に音が大きすぎるという状況だったので、音量調節には困りました。
役柄的にそのように調整されているのだろうなとは思いましたが、もうすこし錦戸さんの音量を上げるか船越さんの音量を下げるかしていただけるとさらに見やすくなるのではないかなと思いました。
また船越さんのオーバーリアクションが少し気になりました。
役柄上、新木さんや小雪さんなど他の方が割と落ち着いている感じだったのでさらに目立ったのかもしれません。
まだ2話は見れていませんが、今後も見たいと思っています。
関ジャニの錦戸亮さんが主演するということと、テレビ朝日の長寿番組のパクリのような番組名が気になって、1話のみ見ていました。
錦戸さんは以前も「ジョーカー~許されざる捜査官」で鑑識捜査員を演じていたし、別の音楽番組で見て好感を持っていたので楽しみにしていました。
でも番組全体の空気感というか雰囲気を、共演の船越英一郎がぶち壊している感じで、萎えてしまいます。
小雪さんがリーダーの鑑識係は知的でクールな雰囲気だし、鑑識係のセットもリノベーションした倉庫のような感じです。
その中に居る鑑識課員同士の確執を中心に描くだけで充分だと思いました。
刑事役の船越が出てくると途端に2時間ドラマ感が漂い、安い感じというか何というか…態度が暴力的だし声が割れちゃっているし、何より思い出したくもない船越の個人的スキャンダルが脳裏に浮かんで、物語の内容に集中できません。
キャストが発表されたときに予測はしていましたが、これは2話以降見なくてよいなと思ってしまいました。
内容は原作が良いのか、鑑識活動も話の展開も面白いと思いました。
せっかく錦戸さんや船越の相棒役の矢本悠馬がいい味を出して頑張っていくんだろうなと思わせるのに、本当に残念です。
個人的には「コンフィデンスマンJP」→「絶対零度」と続き、フジテレビの月9ドラマ復調か!と期待していましたが、残念です。
科捜研と刑事の関係のドラマといえば有名なドラマを思いつくと思います。
今回のこのドラマは科捜研にいる一人の男の人が鋭い洞察力で犯人を見つけるという内容ですが、だいたいの刑事ドラマはなんとなく怪しいなと思う人が最終的に犯人なのに対し今回は「え?!」という人が犯人だったので驚きました。
裏の裏の裏をかくというかまずDVの被害になっていた奥さんと子供が何年も何年も我慢して生活していたのに結婚が決まった娘が殺されるというそれだけで悲惨な内容の事件が第1話でした。
私は最初はDVをしていた血の繋がっていないお父さんが犯人だと思っていました。
お母さんは何も知らなかったと思いきや夫が犯人だと思い、夫が居なくなったら生活ができないからと黙っていましたが結局の犯人は隣の部屋の住人でDVの音や会話を聞くうちに娘と自分を重ねて娘に対して愛情に似た感情を描き出しました。
だからきっと結婚すると言ったのも許せなかったしその子は自分の物という思いもあったのかも知れません。
驚きが沢山あったので第2話も楽しみです。
主役の錦戸くんの華がないですね。残念ながら。
オーラというか光るものがないので、誰が主役なのかわからないくらいです。
存在感が薄いです。脇役?の人に完全に食われてる感じがします。
最初は面白いかも?と思いましたが、錦戸くんの役柄が共感出来ないし、尊敬も出来ないのでなんだかポカンとしてしまいます。
新木さんや、船越さん、小雪さんあたりはいい味出してるかな?と思います。
ただ船越さん、熱すぎる男なので視聴者の好き嫌いは分かれそうですね。
錦戸さんと新木さんの会話は間延びした感じがして、イマイチだと思います。
最初の頃はあまり必要のないシーンかも。
最近のドラマは必ず初回スペシャルと題し延長して放送しますよね。
なんだか長いなぁ~まだ終わらないかなぁ~なんて思ってしまいました。
ポンポンとリズミカルに話が進んで行った方が見やすいのでは?と感じました。
刑事もの好きだし期待をしていたのにとても残念です。
真野が沢口に言った【この被害者も自分たちと同じように生きていた】というようなセリフがとても心に響きました。
死体になってしまえば、確かに死臭などがしてトラウマになってしまうのは分かりますが、被害者を一人の人として扱っている真野の態度がとても素敵でした。
また、犯人は父親だと思っていたので、意外な人が犯人で驚きました。
虐待やDVはその人を否定するとてもひどいことだと改めて感じました。
熱いシチューからお母さんを守ろうとするなんて子どもはなんて健気なんだろうと思うと切なくなりました。
日々、育児でイライラしてしまいますが、できるだけ怒ることは少なくして楽しく生活して子どもにも楽しく生きていって欲しいなと強く思いました。
虎丸刑事の横柄な態度には腹が立ちました。
真野の過去はとても辛いものだったんだろうなと過去の映像からも想像できます。
過去の事件の真相が明らかになっていくと思うので、そこも楽しみにしていきたいです。
月9だというだけで、期待大だったのですが、最初にリアルな人の腕を犬がくわえてきた時点で、気持ち悪くてあまり好きじゃないかもと思いました。
死体の描写がリアルで、話の都合上、ある程度は映さなきゃいけないことはわかるのですが、バラバラ死体は刺激が強かったです。
主人公は、仕事熱心ながら、そのこだわりの強さゆえに少し気難しく、同僚から若干煙たがられ、特に刑事に対しては敵意むき出しという感じですが、新人に優しいのが違和感があって気になりました。
気難しいキャラなのであれば、行く行くは良いコンビになるとしても、初めは新人にとっても、もっととっつきづらいほうがいいのにと思いました。
新人が若い女の子なので、余計に下心があるように映ってしまって残念です。
せめて今後、気難しくなった理由、特に刑事を毛嫌いする理由が明らかになっていったらいいなと思います。
犯人は意外で、サスペンスとしては面白いのかもしれませんが、犯人も気持ち悪かったし、真相がわかっても救われない気持ちでいっぱいの事件でこういった後味の悪い感じは、好きではありませんでした。
元々、ミステリーやサスペンスが好きで見ましたが、先が気になって仕方がないです。
主演の錦戸さん演じる真野礼二さんの、自分が納得するまでされる鑑定への前向きさには凄いと思いました。
新木さん演じる科捜研の新人沢口ノンナさんの殺人事件を前にする不安、ニュースでしか聞かないような目の前にある事実を認めたくない気持ちには共感します。
ですが起きていることも事実だと思いました。何が起きるかわからないのが人生で、容疑者、被害者なりたくてなったわけじゃないと。
もしものことを考えるときりがありませんが、自分ならと考えてしまうと被害者が最後に思ったことを見つけてもらえるのは、亡くなられた方にとって遺族の皆様にとっては本当に有難いことで感謝しかないです。
科捜研という仕事に興味と改め仕事の大切さに考えさせられました。ドラマでのこの2人のペアの行く先に期待と、過去何が起きたのかこれからの展開に注目したいです。
後、船越さん演じる虎丸良平さんのキャラの濃さには驚かされますが、真野さんと素直に協力される日が来るのかなと思いたいです。
千原さん演じる壇浩輝さんの謎でしかない存在は気になりました。
なんか設定とかキャストを聞いて、漠然と面白そうだと思って楽しみにしていたけど、1話を見てあれ?って感じでした。
過剰に期待しすぎていたかなと思います。刑事と科捜研の男のバディもので、もっと爽快な話ならよかったのになあと思いました。
まず、1話は被害者の女の子がかわいそうすぎて、まったく救いもなく、そこにばっかり気持ちがいってしまって何の感情移入もできませんでした。
科捜研の男・真野はクールな反面影があって、それはいいかなあと。新人の研究員の女の子も、登場の仕方に変にコメディ要素を入れ込んでいるところが、少し引っ掛かったけどまあいい。
問題は刑事でした。科捜研の男に相対する叩き上げ刑事のキャラクターが、とにかくうるさい。
普段クールでたまに熱くなるならともかく、熱いとかじゃなくてただうるさい。
この役者さんに合ってない。こんなストーリーとキャラクター設定でなければ、もっと面白くなって楽しめたのではないかと思ってしまいました。
役者さんたちがもったいないなあと感じています。
2話も見るかどうかまようところです。
トレースは放送日前から気になっていたドラマでした。
キャストもわたしの好きな人が勢揃いですし、警察系のドラマが好きなのでとっても楽しみにしていました。
1話目を見てみた感想は、科捜研って言うのは簡単には鑑識のような仕事をするものだと思っていましたが色々な調べ方や検証方法があり、全てをデータ化して数字として仕上げて確信を得ていくものなんだなーって見ていて思いました。
錦戸亮と船越英一郎のギクシャク場面には見てるこっちもハラハラしていました。
そんなに怒鳴らなくても〜って思っちゃったり(笑)
錦戸亮は新木優子にも冷たくしてたかと思ったらちょっぴり優しくなったりと今流行りのツンデレさんでした。
最後には科捜研の調べで犯人逮捕が出来て、真実がしっかり証明されて安心しました。
実際警察だけではどうにもならない事件はあると思うし、そういう時にはお互い助け合い、科捜研の協力ありきだなって思いました。

トレースが話題になった理由は?

新ドラマ『トレース~科捜研の男~』が話題になっていますね。

実は、話題としてあがった理由が大きく3つあります!

順番にご紹介していきます。

関ジャニ∞ 錦戸亮が主演!

今回のドラマの主人公・真野礼二役に関ジャニ∞・錦戸亮さんが務めます。

錦戸亮さんは、去年の『大河ドラマ西郷どん』の弟役としても登場しています。

さらに、さまざまなドラマにも出演されており、演技が上手なことでも有名ですよね。

主演が関ジャニ∞・錦戸亮さんということもあり、普段ドラマに興味がない方でも関ジャニファンとしては見逃せないドラマですね!

『トレース~科捜研の男~』の原作が人気!

新ドラマ『トレース~科捜研の男~』には、原作漫画が存在します。

漫画の作者は古賀慶氏、漫画のタイトルは『トレース~科捜研法医研究員の追想~』です。

こちらの原作者は科捜研で働いていた経歴を持っています。

そのため漫画も本格的な内容で人気があります

描写の中でグロテスクな場面もあるそうなのですが、物語の内容と本格的な描写でファンがいるほど人気ですよ。

ドラマ化することになり、さらに人気が高まってきたようです。

ぜひドラマと合わせて原作の漫画も読みたいですね。

タイトルが『科捜研の女』とそっくり?!

今回のドラマで最大の話題になった理由として、ドラマ『科捜研の女』とタイトルがそっくりであるというところです。

『科捜研の男』と『科捜研の女』と本当に似ていますよね。

内容やキャストも同じなのではという声もあったのですが、内容もキャストも全く違います

さらにタイトルも『トレース~科捜研の男~』なので、一部が似ているだけです。

さらに、事件捜査の仕方も違いますよね。

仲間と共に事件へと立ち向かう『科捜研の女』とは違い、『科捜研の男』は自分の豊富な知識と鑑定技術で事件に立ち向かっていきます。

タイトルが似ているだけであって、物語やキャストは全く別物のドラマです。

しかし、共通点があるとすれば『鑑定こそが真実』というそれぞれのドラマの主人公の想いだけですね。

以上の3つが『トレース~科捜研の男~』が話題になった理由です。

トレースの見どころについて

『トレース~科捜研の男~』の見どころについてご紹介していきます。

主人公は真野礼二(錦戸亮)という科捜研に務める男性です。

真野は膨大な知識量と高い鑑定技術を持っていて、様々な事件を解決へと導いてきています。

しかし、協調性がないために同じ研究員たちとは不仲です。

真野は『鑑定こそが真実』という強い信念を持っています。

真野がそこまで鑑定にこだわるのには理由があります。

真野礼二の過去

真野が幼い時に彼の家族が全員殺されており、犯人は真野の兄で一家心中を図ったものとして片付けられてしまっています。

真野自身は、兄がそんなことをするとは思っておらず、さらに事件を担当した警察に不信感を持ちます。

真野は過去の事件には、何らかの裏があるように考え、自らの力で解明することを心に誓います。

彼の『鑑定こそが真実』という信念は過去の事件からきているものです。

このドラマの最大の見どころは、真野礼二が事件を自分の持つ豊富な知識と鑑定技術で事件の真相を明かしていくところにあります。

さらに、沢口ノンナが関わっていくことで真野の気持ちの変化にも注目していきたいところです。

真野の家族を殺し、兄に罪を擦り付けた犯人は一体誰なのかも注目していきたいですね。

どんな結末が真野礼二を待ち受けているのか・・・。

『トレース~科捜研の男~』から目が離せませんね。

Sponsored Links




関連記事

  1. 家売るオンナの逆襲8話見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹…

  2. TWO WEEKSの見逃し動画配信サービスは?無料で視聴する方法をご紹…

  3. トレース~科捜研の男~第4話見逃し動画!無料で見られる配信サービスを紹…

  4. 3年A組第1話の見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹介!

  5. 映画パーフェクトワールドの動画を見られるのはどこ?無料動画はある?

  6. 後妻業を見逃した!無料で見られる動画配信サービスはこれ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の記事!

カテゴリー

PAGE TOP