2018年1-3月期

トドメの接吻で釈由美子があれは誰だと話題!プールシーンや協力者でまだ出る?

トドメの接吻で釈由美子さん、トドメの接吻の第1話の冒頭部分でプールで
泳いでいる姿が素敵でしたよね。

釈由美子さんを知らない世代から「釈由美子があれは誰だ!」と検索需要がかなり高まったみたいですよ!

グラビアと言えば、優香と釈由美子って時代があったのよ!私の彼氏もそっちにくぎ付けだったのよ!

ドラマの中では何とも意味深な役回りをしている釈由美子さん
ですが、彼女のリアルでの活躍はいったいどうなのでしょうか?

疑問がある方もいるはずですので彼女の経歴等に触れていきます。

Sponsored Links


トドメの接吻で釈由美子が「あれは誰だ!」と話題

釈由美子さんはトドメの接吻ではゲストとして第1話の冒頭
と後半に出演しています。

冒頭のシーンではエイトからホストクラブのつけを請求されて
断ろうとしますが、エイトのキスであっさりと落ちてしまい
お金を払ってしまいます。

後半ではエイトに協力して美尊の見合い相手だった枝野氏を
誘惑して積極的にキスをして落とす。
冒頭のシーンでは色気に負けて、後半のシーンでは色気を使って
相手を落とすという役を非常にうまく使い分けて演じていましたね。

釈由美子とは

釈由美子さんのプロフを振り返ってみましょう。

1978年生まれ

出身:東京度清瀬市

1997年週刊ヤングマガジンのMissキャンパスグランプリで
その実力を認められる。

1998年からワンダフルガールズに在籍し数々の伝説を番組内
で残すが惜しまれながらその番組の第1期生を卒業する。

その後ドラマや舞台で女優として頭角を現し現在では1児の母親
として育児をしながらブログや、テレビ番組を中心に活躍しています。

*優香と同じ時代にグラビアで魅了した2大クイーン

1997年といえばもう一人グラビアアイドルとして大活躍
していた方がいますね。

そうです優香さんです。

当時は釈由美子派VS優香派で大論争が起きていましたね。
当時流行の雑誌ホットドッグを見るとほぼそれ一色の記事等が
掲載されていて当時は相当な影響力がある女優さんでした。

そして、現代では当時の派閥層がアラフォーの男性に差し
掛かっているわけですが、そこのアラフォー男性諸、
君釈由美子派だったら

「これはもう見るしかないないな!」

と指をさしておススメしたいシーンが盛り沢山あります。

ちなみに現在は産後なのですがそこを含めて彼女の現在の
様子をドラマで見られますので
是非ご覧ください。Huluですべて見られます。

ネットの反応

「釈由美子 若いイケメン男子に振り回されがち。笑」

「山崎賢人から搾取されてそれでも明日の君がもっと好きと言われて
財布奪われる釈由美子マジでかわいそう」

「釈由美子が若い男にたぶらかされて弱みをにぎられ、金を脅し取られる。
という役。」

「明日の君がもっと好きな釈由美子、トドメの接吻でもこんな役(笑)」

「釈由美子の語彙力がやばい!!」

「初回の釈由美子とのキスがよかった。 こういうドラマって一人で見たい
です。 家族で見るのは・・・」

「釈由美子が両手下ろしたまま走って追いかけてくる姿は怖い。」

「山﨑賢人より釈由美子にドキッとした。トドメの接吻やべえ」

「録画したトドメの接吻見てるけど釈由美子萌える!」

「 釈由美子、水着姿で産後も変わらぬ美ボディ披露」

「ハニトラ釈由美子いいね 」

出典:twitter

感想・まとめ

釈由美子さんは現在働き盛りのボリューム層の男性には
あこがれの的である存在です。

そんな釈由美子さんを余すことなく役回りとして深く、
深く使い込んでいるのがこのドラマの特徴でもあるので、
釈由美子さんファンのアラフォー男性は見て欲しいですね~^^

■関連記事

>>トドメの接吻見逃したらこちら!

>>菅田将暉の歌が上手い!トドメの接吻であの役!

>>トドメのパラレル見るには?Hulu登録はFacebookのIDでも出来るよ!

>>トドメの接吻最終回の予想をまとめてみた!

Sponsored Links


関連記事

  1. anoneのスケボーの絵は何の意味がある?ドラマの重要な鍵かも

  2. anoneの自販機の場所は?シャングリラに意味はある?

  3. ファイナルカットの黒幕は佐々木蔵之介か?奴は手先か?

  4. アンナチュラル黒幕に飯尾説!?ずんと浮上!

  5. ヒャダインとは?語源と演技歴を調べてみた!99.9に登場!

  6. 99.9のダジャレの面白いランキングを付けてみた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP