2018年7-9月期

高嶺の花面白い?ヤフー感想をまとめてみた結果

7月期ドラマ高嶺の花がついに7月11日に地上波で大公開されました。

そんな高嶺の花に対するヤフーの感想が面白いと話題になっています。

ヤフーのみんなの感想がっ!! 
Sponsored Links


高嶺の花面白い?けっこう賛否両論

ドラマ高嶺の花のヤフーみんなの感想が面白いと話題になっていますが、みんなの感想がかなりザックリ割れています。

つまり高嶺の花が面白いor面白くないに票が割れているのです。 ではその感想を見ていきましょう。

おお!確かにこれはすごい割れ方だ!

 

高嶺の花のヤフー感想まとめ

ドラマ高嶺の花のヤフー感想では一見きれいな言葉だが呪いでは、共感ができない、さとみちゃんがあの人にねぇ、や結局何が言いたいのかなど多くの賛否の声が上がっています。

その中でも多かった声が、浅くて意味不明や風間のセリフが深すぎて意味不明の声でした。

浅くて意味不明の方はエンターテイメントなのかコメディーなのかはっきりせず話の内容が中途半端だという感想が圧倒的大半のようです。

これから月島ももと風間直人の関係が深くなっていくのですがそれまで待っていられないせっかちな人には厳しい第1話だったようです。

一方風間直人のセリフの中で

本気で言っている。あれだけ憎んじゃったら人じゃ救えない

というセリフが意味深でわからないという感想も多いようです。この憎んじゃったら人じゃ救えないはいったい救えない人が人ではなかったらいったい何なのか?神しかいないのか?しかし、この世に信じる物はあってもいいけど神はとうの昔に死んだのだ、だから救うのは結局人なのかとともとれるセリフです。

これはかなり好き嫌いがはっきりした感想になったね!

Sponsored Links


わたしの感想

ドラマ高嶺の花第1話で印象的だったセリフで風間の母親が風間に女性を口説く方法を指南していた時に

諦めたらだめ

という事を言っていました。実際のセリフはそんなに短くはないのですが、このセリフの中にはダメだと思ったら人間はそれが現実になるという言葉が忘れられません。

なぜかというとアルフレッド・ノース・ホワイトという数学者が言っていたある名言があるからです。

アルフレッド・ノース・ホワイト
真の革命は脳内で起こるのだ

そうですこの「真の革命は脳内で起こるのだ」は、人間はできると思えば自分の未来のフィクションを描くことでそれを実現する。猛獣とは違う性質を持っているという事を示唆しています。

月島ももがオスの本能は殺すことと言っていましたがそれは猛獣の話であって人間にはあてはまりません。

思えば実現できる動物は唯一人間だけなのです。これから月島ももと風間直人の間に起こる摩擦はこの違いを分かっているかどうかで大きく二人の間で揺れることになること必至です。

うーん深いね

まとめ

ドラマ高嶺の花のヤフーみんなの感想は賛否両論でした。そして、否定派も肯定派も見事に議論をしていたことが話題になっています。

月島ももと風間直人は大きな価値観の違いの間で揺れる事になることが予想されますからこれからが見どころです!

ドラマ高嶺の花は毎週水曜日夜10時から大好評放送中です!お楽しみに。

Sponsored Links


関連記事

  1. 高嶺の花1話の感想速報!試写会で月島姉妹が絶賛!

  2. 高嶺の花はやまとなでしこに似てる?振り返るあの時代…

  3. 絶対零度の意味とは?ドラマに込められた深いような浅いようなこと!

  4. 佐藤龍我が標役!手足長く演技力に注目が集まるゼロ一攫千金ゲーム

  5. 加藤シゲアキの演技力の評価は?ゼロ主演は何回目?ドラマ出演歴も調べてみ…

  6. ゼロ一攫千金ゲームの標(しるべ)役は誰?いないってことはないよね!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP