2018年7-9月期

高嶺の花の峯田和伸に無理と悲痛の声がとうとう出てしまう!でも起用には意味が?

ドラマ高嶺の花に月島ももの相手役風間直人として出演している峯田和伸さんにもう無理という声でネットがあふれ返っているようです。

いったい何が無理なのでしょうか?

色んな無理があるからセロリは無理的とは少なくとも違うかな?テヘロッ!
Sponsored Links


高嶺の花の峯田和伸に無理と悲痛の声がとうとう出てしまう

高嶺の花4話でついに月島ももと風間直人のベッドシーンがリリースされました!

しかし、そのシーンにもう無理との声が揚がっています。

もう無理との最も多い理由が峯田和伸さんがイケメンではない→石原さとみと釣り合わない→画的に無理→やっぱイケメン最高→ヒール役千葉雄大のシーンに目が行く→ぷーさん無視?!の流れになりつつありますがこのブログを見ているあなた!

そう!そこのあなたなら何故峯田和伸さんが風間直人役に選ばれたのかもう考えて感じているはずです。

峯田和伸さんが風間直人に選ばれたことは感じるのではない考えるのだ!

高嶺の花プーさん役は峯田さんがベスト起用でしょ!

高嶺の花は峯田和伸さんがぷーさん役としてベストなのは間違いないです。何故なら野島伸司監督のヒット作を思い出してみてください。そう考えてくださいよ・・・・・・・・はいここまで読んだ方には正解を大公開します。

それは「101回目のプロポーズ」です。

うわっ懐かしすぎ知っている人いるかな?

当時は浅野温子さんと武田鉄矢さんという美女と野獣カップルで千葉雄大さんと同じ役割をするのが

「文化でしょ」

で有名な石田純一さんです。

高嶺の花はザ・フォースターニングという科学的に証明されている特性を生かし、歴史は何故繰り返すのか?という現象をもとに野島監督が101回目のプロポーズから27年目の節目に違う世代に向けて放つストーリーです。

現在の若者達はいったいどうこのドラマを受け取るのか野島監督も織り込み済みで歴史に対して自分の主張が正しいかどうか野島監督自身の物語の一部として描いたものが高嶺の花に違いありません。

もうすでに我々は冬の時代に生きている。これを言いたいのではないのでしょうか?

Sponsored Links


峯田&石原の恋愛にネットの反応は?

高嶺の花、石原さとみと峯田和伸以外で進む話が気悪すぎて無理、妹と千葉雄大のくだりきしょい〜〜〜〜〜〜
【本当に無理】石原さとみ 渾身のベッドシーン
高嶺の花 の評価の記事を読んだ。 ドラマを見た人は偉いと思う。 俺は番宣で出てた 峯田和伸 が「あ、これアーティスト特有感を出すダメなヤツだ」って思って生理的に無理だった。
この峯田和伸って人、生理的に無理になってきたー
恋愛経験ゼロの男がハムっとむかえた口するなよー 無理だもう
まあ、峯田和伸は俳優じゃなくてミュージシャンだから多少はね?
高嶺の花ネタ、峯田和伸の顔が無理って人多いけど、私意外と平気かもw ブサメンだけど愛らしいキャラって印象。 美少女コレクションの変態さも嫌いじゃないwww むしろ千葉雄大の方が無理。
高嶺の花のラストで、石原さとみにされるがままにキスされるhttps://ドラマ発見.com/takanehana-jrhighschool-who/。でも、キスの直前に峯田の口が開いちゃったよね。あれじゃ、恋愛経験ゼロって設定忘れてるやん。童貞にあんな行為、絶対無理。
【高嶺の花】3話。 彼女いない設定のはずなのに、キスに慣れてるプーさん。 あの瞬間は、石原さとみとキスできるただの峯田に戻ってたでしょ。 でも、男ならあれは無理。

出展:twitter

まとめ

高嶺の花の峯田和伸の配役が月島ももの相手役ということが無理という意見がネットにあふれています。

しかし、高嶺の花には野島伸司監督の101回目のプロポーズの浅野温子さんと武田鉄矢さんの組み合わせもありました。

そして満を持して101回目のプロポーズ放映27年目にして野島監督が贈る高嶺の花はフォースターニングにあたるこの時期に重ねてきました。

これから一気に物語が加速すること待ちがい無しの高嶺の花は毎週水曜日夜10時から日テレ系で絶賛放送中です!

Sponsored Links


関連記事

  1. ハゲタカのメガネのブランドはどこか?「いつぶりだよ~」

  2. ゼロ一攫千金ゲームの答えをネタバレしてみた!

  3. 高嶺の花が聞き取りにくいのは私だけ?BGMがうるさい?

  4. 絶対零度2で横山裕が最終回に出てたって知ってた?伏線がすでにあったの?…

  5. 絶対零度のバイクの値段や性能を調べてみた!横山裕が乗るのかな?

  6. 高嶺の花の麗しき月島姉妹の画像集!パーフェクトの声!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP