未分類

眠れぬ真珠の原作の感想まとめ!漫画も人気でどれから楽しむ?n

「眠れぬ真珠」のドラマ化で石田依良氏の原作小説や漫画が注目されています。

「ドキドキと胸が高鳴る」「ヒロインの思いが身に染みました」など興奮や共感を伝える感想がネットに投稿されています。

「眠れぬ真珠」の原作の感想をまとめました。

ドラマが放送される前に原作を読みたいですね 
Sponsored Links


「眠れぬ真珠」の原作者と小説の感想

「眠れぬ真珠」は石田依良氏が2006年に新潮社から出版した小説が原作です。

小説の中の女性の感性や描き方が巧いことから石田依良氏は女性ではないかと思っている方が多いと思いますが男性です。

石田依良氏を簡単にお紹介しますと1960年生まれの57歳でデビュー作は1997年に執筆しドラマにもなった「池袋ウエストゲートパーク」です。

この作品で石田依良氏は、第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞しています。

その後、2003年には「4TEEN フォーティーン」で直木賞。

この「眠れぬ真珠」では2006年に第13回島清恋愛文学賞を受賞している作家なのです。

石田依良氏の小説の特徴は女性や少年など描き方です。

「眠れぬ真珠」は17歳も年下の若い男性との純愛を描いた小説ですが、人を描写する時の「一言一言の文字の紡ぎ方が素晴らしい」という評価が目立ちます。

特に女性に関しては「心理描写が繊細に描かれている」「蛍光ペンで印を付けたくなるぐらい、グサッとくる表現」をしていて素晴らしいという感想が並びます。

ただし「リアルに描かれた女性の衰えと性」に違和感を憶えるという評価もあることは付け加えておきます。

漫画も人気

石田依良氏の原作小説を元に吉田まゆみが描いた漫画も出版されています。

漫画版には「展開が小説よりスピーディーで、読みやすい」「大胆なシーンも多いけれど、吉田まゆみテイストも満載」といった感想が目を引きます。

この漫画本は女性週刊誌に連載されていた作品を出版したものなので、女性が読んでも楽しめるくらいの性描写となっているようです。

Sponsored Links


投稿された「眠れぬ真珠」の原作小説の感想

アマゾンレビューに投稿された「眠れぬ真珠」の原作の感想を集めてみました。

「蛍光ペンで印を付けたくなるぐらい、グサッとくる表現」

「女性としての表層的衰えを苦にする女心がいじらしく思え、いとしく描かれている」

「ヒロインの思いが身に染みました」

「心理描写が繊細に描かれている」

「芸術と恋愛、年の差、などの要素はとても面白かった」

「一言一言の文字の紡ぎ方が素晴らしい」

「大人の女性の恋をする切なさがビシビシ伝わってくる」

「女として深く愛される展開に感情移入してしまう女性は多いと思う」

「恋愛物語にドキドキと胸が高鳴る」

「読後感は、涙しながらも、すっきり、爽やかになれる清涼感です」

「作者石田依良氏は男性ですが、女性そのものの感性で描写された作品です」

「咲世子が悲しみをそして喜びを内に秘めて輝く瞬間が繊細で暖かに描写されています」

出典:Amazonカスタマーレビュー

まとめ

「眠れぬ真珠」の原作小説は人物描写が巧い石田依良氏の作品で、文字の紡ぎ方に特徴があってグサッとくる表現が散りばめられているという評価があるようです。

ドラマも観たいですが、原作にも興味が湧きますね。

えっ!!放送明日なのだったの! ムリ。
■関連記事

ブラックリベンジ見逃したら動画配信はどこ?尋常じゃない木村多江に衝撃!

眠れぬ真珠で鈴木伸之がラブシーンに初めて挑戦!波留との関係は何だったのか?20

陸王フェリックスのモデルはずばりフェニックスでしょ!意外と身近な商品だよ!

Sponsored Links


関連記事

  1. 特捜9の主題歌はやっぱりV6?

  2. この世界の片隅にがドラマ化!すず役は誰?のんが切望されるが……

  3. デスノートLNWの評価が真っ二つ!ストーリーの紹介と感想まとめ!n

  4. ミッドナイトジャーナルの原作の感想まとめ!上戸彩久しぶりドラマ出演!

  5. 絶対零度で上戸彩失踪で主役交代設定にしたのはなぜなの?

  6. 大女優殺人事件の原作はこれ!感想から分かるすごいこと!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP