2018年4-6月期

正義のセでプロポーズ中仕事優先でフられるに物議…様々な声

「正義のセ」凛々子がプロポーズ中に仕事を優先して恋人からフラれ、物議を呼んでいます。
仕事と私どっちが大事?フラれて当然?もはやそんな時代じゃないでしょ?
ネット上では色々な意見が飛び交っています。
あなたはどう考えますか?
物議の内容を一緒に見ていきましょう!

わたしも若い時、言ったことあるよ「仕事と私どっちなの!」今思えば勝手だった…
Sponsored Links


正義のセでプロポーズ中に仕事が…

「正義のセ」第3話で吉高由里子さん演じる、新米検事の竹村凜々子は、4年付き合っている恋人の大野拓朗さん演じる中牟田優希から久しぶりに呼び出されて、何だかプロポーズをされそうな雰囲気です
ドキドキしちゃいますう~♪

素敵な高級レストランに呼び出された凛々子は、有希とおしゃべり中、今担当している事件、結婚詐欺の被疑者の三浦貴大さん演じる鈴木正夫をレストラン内で発見します。

その結婚詐欺事件とは、、、

被害者の磯山さやかさん演じる沢井七美は、婚活パーティーで知り合ったIT企業社長、鈴木と付き合っていましたが、
鈴木が会社のトラブルで金が必要になったと言い、七美は結婚を決めていた鈴木の為に役に立ちたい!と、
自分の貯金から1000万円を鈴木に渡したところから事件は始まりました。

その直後に七美は、何故か鈴木と連絡さえも取れなくなってしまいました。
鈴木のIT企業社長というのもウソ、その会社も存在しない、さらに偽名を使っていた事がわかり、、、
鈴木は結婚詐欺師だったのです。レストランにもすでに別の女性といたのです。

凛々子は結婚詐欺だけは絶対に許せない!!と昔から検事なのに私的感情丸出しに言っていました。その被疑者が同じレストランにいるのを見てしまった凛々子は、居ても立っても居られず、恋人である優希の話も耳に入らなくなってしまったのです。

優希は、プロポーズするために凛々子を呼び出したのに。。それでもいいの!? 観ていてドキドキしちゃいました。

Sponsored Links


物議を呼ぶ「仕事と私どっちが大事?」

女性の弱みに付け込んでお金をだまし取るなんて絶対許せない!!!と憤慨する凛々子は
優希からのプロポーズの途中でしたが、話も上の空だし、仕事も為にその場を抜けだしちゃいます。

一気に仕事モードに入ってしまった凛々子は、その後被疑者、鈴木の後をつけ証拠写真を撮ったり、証拠を集めて、無事立件することが出来たのですが。。。

結局は、仕事を頑張りすぎるあまり彼氏の優希に振られてしまいまいた。

あー若い頃を思い出す

仕事と私どっちが大事?よく聞かれるこの永遠のテーマ!「正義のセ」では男女逆バージョンのようですね。
ほったらかしにされて寂しい(泣)と優希が思ったでしょうか、凛々子の事をフッてしまいました。

究極ですねーーー仕事と私どっちが大事?問題。
これから、凛々子に厳しい先輩検事の三浦翔平さん演じる大塚とくっつくようになるのでしょうか?近くにいる人の存在って大きいですからね。今後の展開が楽しみです!

Sponsored Links


ネットでも様々な声

プロポーズ適当に流したら振られるの当たり前。
がんばって!もっといい男いるよ!
プロポーズ中に急に消えたのはよろしくない
支えるって決めた時にプロポーズせえや。
プロポーズは邪魔が入らないとこでするべき!
仕事優先されたら仕方ないかな
プロポーズ蹴って仕事優先?
デートの途中で飛び出しちゃうのはダメ!
どっちが大事? 仕事に決まってんだろ
これは彼氏可哀想だわ(´;ω;`)

出典:twiiter

まとめ

仕事と私どっちが大事?問題。社会人の男性の約7割は「仕事」と答えるようです。
今は、女性も同じく「仕事」と答える方は増えているようですね。
「価値観、考えの合わない人とはやっていけない」「正直面倒くさい」なんて声が聞こえました。

1人1人同じ考え方をする人なんていませんから。
「正義のセ」、凛々子も優希もこれから仕事に恋愛に前向きに、素敵な相手を見つけて欲しいです!

Sponsored Links


関連記事

  1. Missデビル 人事の悪魔・椿眞子の原作は?脚本家の過去作から期待でき…

  2. ドラマMissデビルで菜々緒さんが使っている指示棒の値段を調べてみた!…

  3. 崖っぷちホテルはペルー等に実際存在する!?ロケ地はそこじゃないよね&#…

  4. コンフィデンスマンJPが映画みたい!スティングって知ってた?

  5. モンテクリスト伯の漫画を電子書籍で見れるところは?無料だといいけど&#…

  6. 正義のセに倉科カナ出演!奪い愛しか思い出せない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP