2018年10-12期

リーガルVの「マロ」とは?ポチvsマロの対決が話題!

「私、失敗しないんで」の決めセリフで大人気となり、高視聴率を記録した「ドクターX」で主演をつとめていた米倉涼子さん。

そんな米倉さんが医者の次は弁護士になることで話題となっているのが『リーガルV』です。

テレビ朝日系列で水曜日21時より放送されており、視聴率も好調の大人気ドラマです。

そんな高視聴率を記録しているリーガルVの第5話の放送で、マロという言葉がネット上で話題になりました。

いったいマロとは、何のことでしょうか。

今回は、そのマロについて調査していきたいと思います。

Sponsored Links




リーガルVの「マロ」とは

マロとは、第5話に中西仁としてゲスト出演された金子大地さんです。

おっさんずラブに金子大地さんが出演していた時の役が「栗林歌麻呂(くりばやし・うたまろ)

「マロ」の愛称で「天空不動産」営業所のモンスター新入社員役を好演していました。

今回のリーガルVゲスト出演では、金子大地さん演じる中西仁は事件の中核を担う役柄です。

リーガルV第5話では、戸塚純貴さん演じる武藤正洋(むとうまさひろ)がメインのお話でした。

武藤正洋は帝国大学の4年生です。

帝国大学の同級生の町村誠(まちむらまこと)が立ち上げたベンチャー企業に所属していました。

しかしある日、町村誠に暴行犯であると名指しで言われたことにより、傷害容疑で訴えられてしまい無実を訴えるものの実刑判決を受けてしまいます。

金子大地さんの役どころとしては、学生ながらベンチャー企業に身を置く優秀な男性です。

事件について証言するために、法廷にも立ち、事件のキーマンとなる、重要な役を演じていました。

メガネ男子でかっこよかった!
Sponsored Links




ポチvsマロの対決が話題!

ポチとは、林遣都さん演じる青島圭太のあだ名です。

米倉涼子さん演じる小鳥遊翔子(たかなししょうこ)がなかなか裁判で勝つことができない青島圭太にむかってつけたあだ名です。

金子大地さんもそうですが、おっさんずラブと言えば、林遣都さんも出演されていました

そこで、同じドラマに出ていた2人が別のドラマで再共演したことで話題になっています。

そして、加害者の弁護士をしている林遣都さん演じる青島圭太と被害者側にいる金子大地さん演じる中西仁は敵対していることになります。

今回の事件は青島圭太が昔から請け負っていた弁護案件であったようで、ストーリーの中心に青島圭太がいました。

そこで、ポチの出番が多かったことやマロとの法廷での共演シーンもあり、おっさんずラブファンにとってはたまらないストーリー展開だったようです。

リーガルVのマロに対するSNSの反応は?

リーガルVを観たのだけど、まさかの共演に思わず声が出てしまった
リーガルV見て マロがぁっっ!ってなったあと おっさんずラブ5話見たら止めてあったところがちょうどマロちずデートで 髪型ってすごく大事なんやなと思った…別人…
やっとこさリーガルV最新話見た。今回の話が一番面白かったかも😃
てかマロ~💧💧
今更リーガルV見てるけど牧くんだしマロだし最高じゃん()
リーガルV録画見てたら、マロと牧が共演してるやん😭Twitter見てなかったから知らずにドラマ見てたから気づいた瞬間高まった😆
てかマロ雰囲気違いすぎて最初わからんかったよ

出典:Twitter

まとめ

おっさんずラブも大変人気の高視聴率を記録したドラマでしたので、そこに出演されていた俳優さんが別の作品で共演することはうれしいですね。

さらに今回の場合、マロと呼ばれている金子大地さんの出演はホームページには載っていなかったので、ドラマを見ている人で驚いた人も多かったようです。

サプライズのゲスト出演も、今後の楽しみとなりそうです。

■ 関連記事

関連記事

  1. リーガルVに原作は?脚本家の過去作を調べてみた

  2. SUITS/スーツとリーガルVが似ている?どっちが面白い?視聴率はどっ…

  3. リーガルVやねんとは?野球の日本シリーズで休止になった第4話の見どころ…

  4. リーガルVの衣装協力はどこ?米倉涼子のカーディガンが素敵

  5. 安達祐実が老けない理由は?リーガルV配役も癖があり!

  6. リーガルV7話の向井理が可愛いと話題に!ギャップ萌えする女子続出?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP