2018年7-9月期

高嶺の花のセリフ集作ってみた!やっぱり野島ワールド炸裂だった!【更新あり】

高嶺の花、いったいどんなテイストなんだろう、とドキドキしながら1話見ました。
最近の野島伸司作は昔と変わってきて時代に合わせている感あるしなー、正直野島ワールド期待しているけど
最近抑えているような気がするんだよなーと思いながら見ましたが
途中から、これは野島ワールドぐいぐいくるんじゃ!?という
野島節のセリフが詰まっていました。

ということで、完全に個人的な趣味でセリフ集をまとめます!更新もしていきますので是非ご覧あれ!

野島ワールドにハマると、健康な精神保てない気がするわ!
Sponsored Links


高嶺の花のセリフ集作ってみた【更新あり】

高嶺の花のセリフ集ということで、前置きなしにとにかく「それ野島節じゃん!」というセリフをザっと書いていきたいと思います。

*正確性は保証できません。
*間違いがありましたらご指摘いただけるとありがたいです。

第1話

■月島市松(ももの父)(小日向文世)

「かわいそうをバトンしなさい。
お前が持ってちゃいかん。
その罪悪感も含めて立ち直れる。
芸術家とはそういうものなんだ」

自分のかわいそうを消すには、誰かにかわいそうをバトンすると忘れられるって、すごい本質的で残酷なセリフね!

■風間直人(峯田和伸)

「あれだけ憎んじゃったら人じゃ救えない」

「いい女だ。だって相手を嫌えない。憎めないんですよね?そうできたら、楽なのに」

「自分が傷つけられた時に、怒る人と哀しむ人がいます」

「哀しむ人は愛の人です。静かにただ時を止めて哀しみます」

「愛してたら、憎まない。憎めないんです。あなたのように」

「それは、ちゃんと愛がある、いい女なんです」

グっと来たわ。でもよく考えたら私すぐ怒るから愛のない人やんっ!

第2話

■月島もも(石原さとみ)

「あなたはパパになる。愛情よりも、責任の方が重いの!」

■月島市松(ももの父)(小日向文世)

「芸術家には…愛はいらん」

■風間直人(峯田和伸)

「人は左から言われた方が信じてしまうんです」

「俺、好きだって言いましたっけ?」

■風間節子(直人の母)

「あんたが何にもしてないのに、彼女が泣いてたらさ。それは他の人を思っているのさ。そりゃあ、切ないのさ」

■宇都宮龍一(千葉雄大)

「あなたの周りだけじゃない。おそらく俺たちの世代がそうなんじゃない。
超高齢社会。歳とったころには、自分らの年金だって支給されるかわからないってか。
なら自分の時間優先。嫌な上司でもいりゃあ仕事だってすぐに辞めちまう。

美味しくて仕方ねえよ。そんなやつらと同じ時代に生まれたら…」

続く..

Sponsored Links


野島伸司のセリフと賛否両論

野島伸司はご存知のように、
「101回目のプロポーズ」
「愛という名のもとに」
「高校教師」
「人間・失格」
「この世の果て」
と、書き始めたらキリがないほどの名作を世に出しています。

そして、人の死に直面することがおおかったり、純愛について考えさせられる
セリフの奥深さに定評がある脚本家です。

一方で、なぜか反野島伸司の会じゃないですが、そういう系の団体が作られて
ネットでもすごい反対派がいるんですね。
ドラマのことなのに、なんでそこまで反対するんや?と思うほど野島伸司を叩く団体がいますね。

10年以上前に見た作品でもセリフで覚えているのをちょっと書いてみますね。

*覚書なので正確性は保証できません

■「この世の果て」

「男と女が暮らすのは簡単だよ!けど、生きていくのは難しい。互いに何か、相手より優位な何かが必要なんだ」

■人間・失格

「ここにいるすべての人が大場君を殺したんです
あなた達には実感がないんです
生きてる実感がきっとないんです
何か大きなものに流されて、自分がなんなのか分からないでいるんです」
「友達を傷つけることで、生きてる実感を感じようとするんです」

■プライド

「DNAは人の思いもバトンするんです。あなたが諦めれば、(未来の)あなたの子供も諦めるでしょう。」

■美しい人

「私は他人を悪く言う人間や、他人と争う行為自体が苦手だ・・。そこから生まれる虚栄や卑屈さに近寄りたくはない
交わらないことで孤独を味わうとしても。子供の頃からそうだった
しかし、生まれて初めて他人に怒りを感じる。君に怒りを」

書ききれなくなってしまうのでこのへんまでで。

狂うことが愛だ、みたいなこともこの世の果てで言っていた記憶が…。
野島伸司氏には純愛とは何か?みたいなテーマがあって、
例えば美しい人とか、OUR HOUSEとかあいくるしいとか、そうなんですが
一度愛した人を失って、次に現れた人を愛してしまうことが是か非か、その葛藤を描くものも多いです。

いやーわかるんだけど、現実にそういう人おったらけっこう面倒くさいんよー

まとめ

ということで、高嶺の花はやまとなでしことかとは違って、
野島伸司ワールド炸裂がこれからもしそうなドラマで、私も思わずセリフをメモってしまうほどのドラマでした。

峯田さんって多分ドラマのようなキャラじゃないんでしょうけど、ドラマ内でもの静かで愛がある暖かい人を見事に演じています。
いい笑顔が時々現れるのがいいですね。

どうなっていくのか?一度峯田さんと結ばれるけど、その後月島家問題で別れさせるドタバタがあるのでしょうか?
芸術を選ぶか?千葉雄大役との結婚も迫られそうですね…。
最終回はどうなるのか今から気になります。

これは面白いかもしれないね!

■関連記事

Sponsored Links


関連記事

  1. ハゲタカの主題歌ミスチルのSINGLESの意味を考えてみた

  2. 絶対零度2話で小松原を突き落としたのは誰?「井沢か」「あの足は..」

  3. ゼロ一獲千金ゲームで道枝駿佑くんが標役を望まれる理由!

  4. 高嶺の花の峯田和伸とは?ドラマの演技経験は?

  5. 絶対零度で東堂(伊藤淳史)はなぜ井沢をミハンに誘ったのか?2人の関係は…

  6. ゼロ一攫千金ゲームの暗号解読ツイッターの答えは?解いてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP