動画配信サービス

家売るオンナの逆襲9話見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹介!

家売るオンナの逆襲第9話は、母親との同居をしたい女性や離婚したい女性のお話でしたね。

娘のお世話になりたくない母親の本当の胸の内をくみとり、万智は2人の条件にあう家を売ります。

あの売り方は、さすがサンチーという感じです!

さらに、万智の愛を得ることが出来ない留守堂の嫉妬の炎がついに燃え始めました。

一体、万智、課長、留守堂の関係はどうなってしまうのでしょうか?

そんな『家売るオンナの逆襲』第9話を残念ながら見逃してしまった!どうにかしてみたい!という方にお勧めなのが、見逃し動画配信サービスです。

家売るオンナの逆襲9話見逃し動画配信サービスはこれ

家売るオンナの逆襲第9話を見逃してしまった場合におすすめの動画配信サービスは以下の3つです。

  • 日テレオンデマンド(放送終了後1週間視聴可能)
  • Tver(放送終了後1週間視聴可能)
  • Hulu(放送終了後から視聴可能)

日テレオンデマンドとTverは無料で視聴ができます。
ですが、放映後から1週間の限定配信となるので、第9話は3月13日(水) 21:59 に配信が終了となります。

もし、3月13日(水) 21:59 以降に見るのであれば、『huluで視聴可能です。

hulu

家売るオンナの逆襲を動画配信サービスを利用して見るのであれば、huluが一番のおすすめです。

実は他のVOD(動画配信サービス)でも見ることができるのですが、視聴するのにポイントを使わないと見れないケースがあります。

その点、huluではポイント制ではなく月額933円(税抜)で全ての動画が見ることができます

しかも、登録をして2週間の間は無料のお試し期間になります。

2週間以内に解約をした場合、この間に何本の動画を見ても料金が請求されることはありません。

今ならおっさんずラブ、獣になれない私たち、その他国内ドラマ、海外ドラマも見放題!

家売るオンナの逆襲を動画配信サービスで見るなら『hulu』がイチオシです。

▼Hulu2週間無料トライアルの登録方法▼

・クレカ等の情報を登録すれば2分で出来ます(Facebookアカウント登録も可) ・スマホアプリでも、PCからも観覧可能
・有料継続した場合月額933円(税込み1007円)
・扱っているすべての作品が見放題(dtvやU-NEXTのように一部有料はない)
・日テレ×Huluと日本初上陸の海外オリジナル&新作ドラマ見放題
・その他『安室奈美恵ラストツアードキュメント』『けもなれ』『斉木楠雄のΨ難』等が人気!

2週間の無料トライアル


その他にも、以下の動画配信サービスで『家売るオンナの逆襲』が見られると予想されます。

ただし、この4つのサービスで『家売るオンナの逆襲』の動画を見るにはポイントが必要になります。

一部、1話のみ無料視聴可能などのキャンペーンも実施ありますが、基本的に見放題ではありません

動画共有サイトはリスクが大きい

テレビ番組の無料動画で検索すると、動画共有サイトDailymotion・Pandora・miomioなどにたどり着くことがあります。

ですが、これらの動画共有サイトでは著作権を無視し違法に投稿されている動画が多いため、おすすめができません。

なにより、スマホやパソコンのウィルス感染の恐れ、個人情報がもれるリスクがあります。

テレビ番組や映画は動画配信サービスで見ることが一番安心かつ安全な方法といえます。

Hulu

家売るオンナの逆襲第9話のあらすじ

万智(まち)(北川景子)は高齢の母・静江(しずえ)(松金よね子)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(ばばれいこ)(酒井若菜)を担当。
庭野(にわの)(工藤阿須加)は売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく同年代の施工会社の社員・真壁(まかべ)(入江甚儀)と協力する。
今回がデザイナーとしてのデビュー作だという真壁は内装に自分のこだわりを詰め込み、意気投合した庭野は自分が家を売ろうと張り切る。

一方、絶好調の足立(あだち)(千葉雄大)は新婚の新垣(あらがき)夫妻の家探しを担当し、留守堂(るすどう)(松田翔太)は離婚予定の迫田(さこた)のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談される。
偶然足立の客が留守堂担当の迫田家を気に入ったことで内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生し…!?

そんな中、リノベ物件のエッジの効いたデザインが客に受けず苦戦する庭野を尻目に、万智は自分が家を売ると宣言!
しかも真壁が苦労して完成させたリノベーションを一掃し、全面畳に戻すと言う!
真壁の努力を無駄にしないため、庭野はなんとかしようと抵抗するが…。

そして、売上の伸び悩むメ新宿営業所ンバーたちは現地販売で大奮闘!
そんな中、万智と屋代(やしろ)(仲村トオル)の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂の愛に爆発のカウントダウンが始まっていた…
引用:日本テレビ 家売るオンナの逆襲公式サイト

Sponsored Links




家売るオンナの逆襲第9話のアンケート結果!

当サイトでは、家売るオンナの逆襲第9話を視聴された方を対象にアンケートを実施しました。

その結果集まった感想、評価を一部ご紹介しますね。

いつもに比べてラブ要素が多かったように感じました。
クールな三軒家チーフが、課長のためにベチャベチャ焼きそばの練習する姿が、とても愛らしく見えました。
そして、三軒家チーフの家の売り方は、一見強引なようですが、きちんとお客様の一番大切にしている事を考えていて、本当は心優しい人なのかなと思いました。
ただ単に、家を売るためのテクニックなのかもしれませんが。前回復活した足立王子が、今回も健在で嬉しかったです。
留守堂さんに恋していた頃の足立さんも可愛らしくて好きでしたが、やはり足立王子はキラキラしている方が好きです。
留守堂さんは、毎日三軒家チーフに「おはよう」「おやすみ」の連絡をしていて、ストーカーっぽくて怖いと思いました。
しかし、三軒家チーフに改めて気持ちを伝えた留守堂さんも、その気持ちに応えられないと、きっぱり断る三軒家チーフもとてもかっこよかったです。
愛情が憎しみに変わって、最終回どうなるか楽しみですが、みんな幸せな形で終わって欲しいです。
今回のお話は、親想いの娘が母親と一緒に暮らす家を探すという依頼でしたが、母親はまだ元気で、引っ越しは考えられないというのを、万智は母親の立場をよく観察して、今住んでいるアパートから少し距離があるだけで、お友達とも離れずに暮らせるという家を提案していました。
母親の気持ちをよく理解していて、こんな家で、娘と暮らせるのは幸せだし、何よりこの娘はとても親孝行だなあと感心しました。
もうひとつの依頼は、新婚で間もなく出産という夫婦が、家を探していて、離婚間近の夫婦の家を紹介するというものでしたが、夫婦によって、その家の周りの環境が、少なからず影響しているのでは?という足立の考えに納得させられました。
離婚間近だった夫婦は子供がいなくて、周りは、小さい子を持つファミリーばかりでなんだか住みにくい気がしていたと言っていたのも、その人の立場にならないとなかなか考えが及ばないことだなあと思いました。
それに気づいた足立の成長ぶりに感心しました。
今回は、てーこー不動産の全員が、物件を売ることができて良かったです。
しかし、失恋留守堂の反逆があるのか、ドキドキします。
訳アリ物件は沢山あり、一般に大幅な値引きがされます。
この流れで、離婚した(する)人の家を買うのは、これから子供を持つ若夫婦にとって縁起が悪いのでキャンセルしたいというくだりがありましたが、何となく分かるような気がしました。
実際には、両者が同場面で顔を合わせることは、まずあり得ませんが。
三軒家万智さんのメリハリの効きすぎた喋りが大好きで、一回も欠かさずに見ております。
家を売る(買う)は一生の内でそう何回もあるものではありませんが、中古の場合はリフォームしても、過去の歴史が空気として残っており、難しいですね。
あの外からも丸見えのシャワールームはリフォームするとしても有り得ないと思いました。
それと、今は親子が別居して住むのが当たり前の時代ですが、ドラマの中では親と一緒に住む為に家を買ったという娘さんが出ておられましたが、見上げたものです。ただ、彼女は自分自身は結婚もしないで親と住む為だけに家を買うために貯金をしていたのかと少し疑問が湧きました。もっと、何か裏があるのかと思ってしまいました。
実際の住宅販売会社の内実はドラマとは全然違うでしょうが、中でお互いに競わせるのは半端なく厳しいものがあるでしょうね。実際、私が住む駅のそばの不動産屋は外からよく見えますが、ほぼ全員が電話で一心不乱に話していますね(ドラマが始まってから、意識して注意して見るようにしております)。不動産屋が水曜日が休みなのは昔からそう決まっておりましたが、何故水曜日なのか理由が今一つ釈然としませんが、お医者さんが木曜日休みなのと同じようなものなのでしょうね。
今回は、女手一つで育ててくれた母親と一緒に暮らしたい娘・離婚危機の夫婦がテーマでした。
女手一つで育ててくれた母親は娘の世話になりたくないのを理由に同居を拒否していて、住み慣れたアパートに住み続けていて、娘は母親のためにお金を貯めて畳のある家を探していました。
母親のアパートの近くにある一軒家をリノベーションして畳のある家を作り、娘と一緒に住むというエピソードはなんだかほっこりと心温まりました。
娘のお荷物になりたくないと同居を拒否する母親に、娘が長年抱いていた母親に親孝行して家を買って一緒に住むという夢をかなえてあげるのも親の務めではないかという言葉は心打たれるものがありました。
私も父が亡くなり、母親が一人暮らしをしているので、自分と重なる部分が多くあったのだと思います。
離婚危機の夫婦のエピソードは、子供をもてていない夫婦が子供連れの家族が多く住む住宅街で住むことについて考えさせられるエピソードでした。
今の世の中で子供を持たない夫婦もいる中でとても関心のあるエピソードでした。
毎度の北川景子のキレイさと軽快な場面運びにまた来週のドラマが楽しみになりました。
前回の手を繋いで歩くシーンから、休日の課長と万智のデートシーンが見れたのは良かったです。
赤いスーツの課長を真顔でべた褒めするシーンやたい焼きを買った後にちょっと怒った万智がとても可愛いなと思って見ていました。
課長の為にこころちゃんに「べちゃっとした焼きそば」を習うところは、本当に課長のことが好きなんだなと思いました。
しかも、焼きそばを作る時のあの手際の良さは、さすがだなと思いました。
留守堂はずっとドジだけど、まさか小学校の時に好きになった想い人が万智ではなく、山田かずこちゃんだったという衝撃の事実がわかりすごくビックリしました。
真顔で「ドジだな~と思って見てました」というシーンは笑ってしまいました。
足立王子の活躍も良かったです。家のせいで夫婦仲が悪くなっているというのを見極め、2組の夫婦に最適な家を探すところはとても良かったです。
愛情が憎しみに変わる留守堂の気持ちもわからなくはないですが、次回がどうなっていくのか楽しみです。
これまで三軒家万智が何が何でも家を売ってきたわけだが、今回ほどそれがお客様の為を思っての行動であると感じたことはなかった。
それほどに、あぁなるほど、お客様が本当に求めていることを考えるってこういうことなんだと思わされました。
確かに、家を設計する人にはその仕事へのプライドがある。
もしそれが気に入ってもらえなければ別に買ってくれなくてもいいよと言わんばかりの人もいるかもしれない。
世の中にはそういった、設計士や建築家のプライドや意地が詰まった建築物ってたくさんあると思うし、それが歴史となり貴重な文化財になり得ることもある。
でもあくまで「家」であり、家は住む人が主役である。その人が求めているもの、好きなもの、便利なものを最大限に生かしたものでなければならない。
仕事とは決してプライドや意地ではなく、やっぱりお客様に喜んでもらえるかどうかが全てだなぁと改めて感じた回でした。
しかし最後は設計士の若者も、三軒家万智のやり方に感動していたし、終わり方のまとまりがとてもよかった。
留守堂と三軒家万智の関係性について、このドラマといまいち関連性がつかめずこの先どういった終着点になるのか想像ができない。
家を売る、ということを上手く絡めて終わってくれればいいなと思う。
お客が何を求めているかを的確に把握する万智の手腕が、いつもながら冴えていました。
クールなようでいて、人の気持ちにも寄り添っていますね。
足立もそんなふうにお客夫婦のことを思いやって、彼らに合う案を提示したところがよかった。
万智から家を買った人は心から満足で幸せでしょうね。
庭野にはもっと頑張ってほしいな。
せっかく万智から卒業できたんだから。
今回は、白州美加がちょっとかわいい面を見せたかも。
たしかにいいところもあるんだから、素直になって元夫と復縁すればいいのに。
留守堂はとんでもない誤解をしていたようですが、それでどうして万智を恨むのか。
夢を壊されたと思ったのか、本当の女神・和子ちゃんが好みではなかったからなのか。
だとしたら、自分勝手でわがままでしょう。
優しくていい人だと思っていたのに残念ですね。
次回、万智に嫌がらせをしなければいいけど、もしそうなっても万智は全力で立ち向かうでしょう。
今回のお客さんは、それぞれ事情があって住む家というより、
住む場所がキーワードでした。
家を買うのですから、家を気に入るかどうかというのは当たり前ですが、
それと同時に、その場所に住むということをきちんと考えなければいけないということがよくわかる内容でした。
自分自身の引っ越し、住宅購入の経験から考えても、家だけでなく、その地域に合うかどうかというのは重要です。
そんなお客さんの思いを、三軒家さんたちが叶えてくれるのは、
見ていてとてもすっきりした気持ちになりました。
結婚して新しい住宅街に、同じように新しい若い家族が住む。
子供ができて一緒に子育てしていくというのが当たり前だと思っていたけど、
子供を持たず、夫婦二人での生活に、周りは子供がたくさん。
すごく生きづらいというのは、本当だと思います。
そこに住むべき人は確かにいるし、無理に住み続けなくてもいいのではと、
違うなと思ったら、買い替えればいいということがすんなり入ってきました。
毎週観てる作品ですが、価値観なんてものは不動産屋が決める事ではなく人それぞれで何がその人の心に響くかわからないなというところに感心します。
今回は離婚するかもしれない夫婦の部分では、妊婦の新婚の夫婦がその夫婦の家を検討するかも時に離婚するかもの事実を知って一瞬ためらったがそれよりも気に入った家だから、縁起が悪いと言ってしまった事を反省した事。
離婚間近夫婦も仲直りし今の家に住み続けると一度は言ったが足立の話を聞き、離婚になる原因はそもそものまわりの住宅環境、子供がいないのにまわりは子供がいる事が無意識にケンカを起こしていたという事に気づかされ新婚夫婦に家を売ることになったと。
特に、離婚間近夫婦の人生を変えたかもしれないところに凄いなと思いました。
もう一組は、親と新しい家に住みたい娘と旧友達と近所で暮らしたい、娘に迷惑かけたくない親の話も良かったです。
娘が、どうしても親と暮らしたいという事で親の旧友に近い場所で家を買うという選択で晴れて一緒に暮らせる様になったと。
私も営業職なのでとても勉強になりました。
売るにはその方が何を考えてるか、何を求めてるかを本当に知らないといけないなと思いました。
人間の心模様は様々、人の気持ちを考えられる人間になりたいと思います。
毎度毎度イケメン率が高くて満足度が高いドラマ。でも楽しみなのは、やはり北川景子ちゃんの美しいけど、真剣で可愛く面白い表情。
ストーリーもだけど、北川景子ちゃんを見るのが楽しみです。
次に密かに楽しみにしているのが、松田翔太さんの後頭部の刈上げ具合。
なんだろう、別にそういうマニアじゃないけど、あれを見ると、何か満たされてます。
松田翔太さんのシュールな演技も、今までのどんな役よりも好きですね。
かっこよくてドジで優しい留守堂が、変身してしまいそうな感じが嫌だけどどう変わっちゃうのかは、いろいろ想像してしまいます。
頼むから「やっぱ、好きだ~。」と思う留守堂で終わってほしいと思います。
他に、千葉雄大君があんないい俳優さんだとは思っていませんでした。
もともといい俳優さんだとは思っていたけど、気持ちの変化、その経過に応じた表情が魅力的過ぎです!
白洲美加と元夫の宅間さんの関係にはあまり興味が無かったのですが、9話の売り物件内でのお客様を交えた掛け合いは、本当に「あら、この二人面白い。」と思ってしまいました。
1週間で1番楽しみなドラマです。
最終回が近づいてきて、ちょっと中だるみしてしまったかな?と感じました。
全体的な面白さは、ちゃんと継続されていますが、工藤阿須賀さんと施行会社の「自分は…」というやりとりがやけにしつこかったり、松田翔太さんが家の売却を相談されている夫婦の話が結構なボリュームで入っていたり。
ドラマの本筋としては、あまり重要でないことに時間を割いている感じがして、そういう意味では物足りなさを感じました。
どうでも良いことで時間稼ぎするよりも、北川景子さんと仲村トオルさん夫婦の時間をもっと見せてくれるほうが楽しかったのに残念です。
他にも、テーコー不動産の社員の一人ひとりが物件を売る過程なども織り込まれていましたが、それもどうでも良いかなと感じてしまいました。
でも、北川景子さんの「Go!」が何度も聞けて、そこは良かったと思います。
そして、松田翔太さんの記憶違いで、北川景子さんではない女性の出現には、あまり大きな驚きはなく、もうこれ以上ひっぱる必要はないだろうと思いました。
最後のどんでん返しに全てを持って行かれた気がします。
今までほとんど感情を表に出さなかった留守堂が、別人かと思うくらい動揺したり、落ち込んでいる姿はかなり意外でした。
それほどまでに万智に恋い焦がれていたんだと思います。
だからこそ、万智に恋したきっかけが別人と勘違いしていただけだったというオチは、肩透かしを食らった感じがしたし、留守堂がとても不憫だと思いました。
確かに、万智のために不動産屋になったとか、整形して名前を変えたとか、万智からすれば勝手にやったことだと言えばそうかもしれません。
でも、そこまでの覚悟で必死に告白した相手を「知りません」の一言でばっさり斬り捨ててしまうのは、ちょっと冷た過ぎるんじゃないかと思いました。
勘違いだとわかっていたなら、正体がわかった時点で言えば良かったし、逆恨みだったとしてもこんな状況になるまで放置した万智にも責任があると思いました。
客の気持ちには敏感なのに、こういうところで空気が読めない万智は、ちょっと残念だと思いました。
家の売り方で、テーコー不動産の庭野が売りたかった家は主婦の馬場静江のお友達がいて、近くにお気に入りのスーパーがあることが大事なのだと思いました。
買う人に合ったリノベーションが大事で設計者の好みではないということを教えてくれました。
また、テーコー不動産の足立が売りたかった家も買ってくれる人の家族環境が周りの家族環境に合っていることが大事なのだと思いました。
自分の家は周りの環境に合っているのかどうか疑問に持ちました。
子供が行きたい小学校に通学できるところにあったのか、周りに友達はいたのか、反省しました。
不動産屋の留守堂はテーコー不動産の三軒家のことが忘れられなかったのですが、大事な勘違いをしてしまったため、好きになるべき人を間違えていました。
そこで三軒家に謝れば良かったのですが、憎しみに変わってしまったのは間違いだと思います。それも男のプライドなのでしょうか。
序盤、三軒屋と屋代課長のデートシーンが新鮮でした。
三軒屋らしい奇抜なファッションを屋代課長に勧めるところが、大胆に家を売ってきた三軒屋の志に表れているように思いました。
また、ちちんぷいぷいに突如出現した三軒屋も、なかなか無いので良かったです。
今回は、テーコー不動産の社員全員にスポットが当たり、それぞれ家を売るシーンがあって、応援したくなりました。
三軒屋が家を売る為の場面では、当該顧客である高齢者の生活パターンを探っている様子が、三軒屋の家の売り方の基本だと思うので、その洞察力で華麗に家が売れて、さすがだと思いました。
足立も、最初はトラブルで家が売れない様子でしたが、機転を利かせて、客のニーズを読み取って、二組の夫婦に家が売れて、足立王子を応援している私にとっては嬉しかったです。
最後に、留守堂と三軒屋のやり取りで、当初から引っ掛っていた、小学校時代の餃子や人工呼吸の謎が解けて、三軒屋と全く容姿の違う、留守堂の憧れだと思っていた女性が登場したのには、驚きました。
やはり、勘違いだったのかと納得しました。
次回、このドラマのタイトルである、逆襲という意味が分かるようなので、ラスト1話が楽しみです。
今回も、三軒屋万智に引き込まれて見てしまいました。
三軒屋の強烈なキャラクターを押し出しているように見えて、ちゃんと社会人として、人間として大事なことを伝えてくれる内容がとても良いと思いました。
言い方は厳しいけれど、ちゃんと大事なことを教えてくれる、あんな先輩がいたらいいなと思います。
売ること、数字が優先ではなく顧客の満足いくものかどうか、売る側と買う側双方の希望のすり合わせというのは難しいことだと思います。
フィクションとはいえ、それを叶えてしまう三軒屋万智、素敵です。
あとは課長も、遊んでいるようでいて仕事はしているんだなぁと(笑)外でのイベントとはいえ、勤務中に動画見ている若手社員には喝!ですけどね。
また、過去の想い出というのはどうも曖昧で美化されてしまいがちなんだなぁと、松田翔太さんのエピソードで思いました(笑)
そういうコミカルなオチがつくところも、バランスがとれていていいドラマだと思いました。
最終回は、なんと一年後の設定らしいよ!
どんなオチになるのか楽しみ♪
Sponsored Links




関連記事

  1. 3年A組第9話見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹介!

  2. 家売るオンナの逆襲に続編期待の声!題名、子どもの名前を予想してみた!

  3. トレース~科捜研の男~第9話見逃し動画!無料で見られる配信サービスを紹…

  4. 家売るオンナの逆襲1話見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹…

  5. 3年A組最終回(第10話)見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスを…

  6. 『家売るオンナの逆襲』鍵村には公式YouTubeチャンネルがある?Ti…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP