2018年7-9月期

ハゲタカの原作小説の感想まとめ!「迫真の筋書き」「ページをめくる手が止まらない!」

7月から放送される『ハゲタカ』は大人気原作小説をドラマ化したものです。
あまりの人気からドラマ化されたり映画化されたりしてるのです。
その『ハゲタカ』原作小説についてまとめましたので一緒に見ていきましょう。

私は鳥のハゲタカしか知らない!詳しく教えて!!
Sponsored Links




ハゲタカがドラマ化!原作小説はいつ大ヒットした?

『ハゲタカ』の原作小説は2004年に刊行されました。作家、真山仁氏による経済小説です。バブル崩壊後の日本の金融界で起きたリアルな中身を見ることができる小説です。

ハゲタカって鳥のハゲタカじゃないの??

そうです、ハゲタカは鳥類のハゲタカの事です(笑)
鳥類のハゲタカは腐肉食を習性としていて、腐った肉を食べていても彼らは平気です。そこから「他社から利益を強奪する」とか「困窮したものを食い物にする」ことから主人公はハゲタカと呼ばれ、その会社をハゲタカファンドと言っているのです。

経済小説というと、堅苦しく難しい専門用語などが連なって、初めから毛嫌いしてしまう人も多いと思いますが、その分野に全く興味がない人たちにも読みやすい!ととても人気を博しました。

特にサラリーマンからは圧倒的な支持を受け、『ハゲタカ』は、2004年から2013年に発表された計4作が累計230万部突破の大ベストセラーとなっているのです。

鳥のハゲタカが社長のお話しじゃないのね

ハゲタカの原作小説の感想まとめ

一気に読み終えてしまいました。スリリングな展開に、ハラハラさせられっぱなしでした。
主人公の目的が次第に明かされていくのも、ページをめくる手が止まらなくなるほど盛り上がります。
どこまでがフィクションでどこまでが事実をベースにして書かれたのか判別が出来ないくらいに迫真の筋書き
私のような素人には耳慣れない経済用語も気にならないほどハマって一気に読めます。
知的好奇心が刺激されてついつい引き込まれてしまう。かなりの長編小説であるが、中だるみもなく、興味深く読ませてもらった。
内容もとても面白い。
真山 仁 氏のこのシリーズはオモシロイです。
この作品に限らずですが真山さんの作品、僕は大好きです。シリアスで引き込まれます。
テンポがあり、夢中で読みました。
グイグイ物語に引き込まれて行き、あっという間に読み切りました。
真山作品は今まで読まず嫌いでした!!だけど、ためしに読んでみたら、ハマった!!!

引用元:https://www.amazon.co.jp/新装版-ハゲタカ-下-講談社文庫-真山/

私が読めたくらいだからみんなもハマるはず!
Sponsored Links




ドラマ化に期待する3つの点

ハゲタカは圧倒的な人気があり、2007年にNHKでテレビドラマ化され、2009年には映画も制作されているのです。そして今回テレビ朝日で綾野剛さん主演で再ドラマ化です!

https://twitter.com/hagetaka_ex/status/1004548947371872256

そんなハゲタカのドラマ化には期待する3つの点があります。

1・経済の難しい内容となると毛嫌いする人が多いため、素人でもわかりやすく経済が身近なものになる。

2・バブル崩壊後から平成の現在まで、原作にない時代を描いたドラマオリジナルのため、原作を読んだ人でも新しく楽しめる。

3・カリスマ性を持つ主人公が日本の経済に次々にメスを入れていく。スカッと爽快感を与えてくれるはず。

何だか規模の大きい話だなー

まとめ

テレビ朝日、木曜夜9時から始まる『ハゲタカ』面白そうですね。主演の綾野剛さんは、
私の中では、「コウノドリ」や「フランケンシュタインの恋」の時の優しい顔のイメージがあります。

しかし、ハゲタカでは真逆のダークヒーローになります。険しく怖い顔で「さあ、ビジネスの時間だ!!」なんて言います。血も汗もないと言われる主人公を綾野剛さんがどう演じるのかとっても楽しみです!

私も明日会社で「さあビジネスの始まりだ!!って言ってみよ」
Sponsored Links




関連記事

  1. 是永瞳の演技力は?ハゲタカ娘役で評判に!空手もすごいらしい

  2. ドラマ・ハゲタカのモデル企業や事件を調べてすごい興奮した話

  3. 高嶋政伸の演技上手い!悪役日本一がハゲタカでも暴れる!

  4. ハゲタカ綾野剛の涙の意味は!?名言にネットが歓喜し連呼「死ぬこと以外か…

  5. 伊藤ゆみの演技力どう?ハゲタカ秘書役の空気読む役に様々な声

  6. ハゲタカで大森南朋・柴田恭兵を超えるのは至難の技!綾野剛に期待と不安

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP