2018年1-3月期

ファイナルカットの終わり方どう思った?まさかの山崎育三郎で騒然!

「ファイナルカット」最終回が納得の終わり方ですごく良かったと好評です。

しかも、小河原祥太役の山崎育三郎が迫真の演技で慶介(亀梨和也)との対決のシーンが「ハラハラドキドキで見応えがあった」という意見もあります。

「ファイナルカット」の終わり方をファンがどう思ったのかまとめました。

とっても感動した終わり方だったわ ドラマはこうでなくちゃね

「ファイナルカット」の終わり方

最終回まで犯人役の小河原祥太の正体を明かさなかったため様々な推測がされていた祥太の配役でしたが、空港に現れたのはミュージカル俳優の山崎育三郎でした。

そして慶介とのスタジオでの対決は「とても緊張感あふれる攻防戦で面白かった」、「狂気的な感じが良かったです」、「実力のある俳優さんで良かったー」と言う意見が多く聞かれました。

ただ少数ながら「もっとダークさを前面に押し出しても良かった気はするけど」、「犯人の動機とか、ラストシーンとかいろいろ気になった点はあったとする声も一部にはありました。

 

ドラマの終わり方については、伏線がすべて回収されて「1点の曇りもない良い終わり方だった」、「見応えのある終わり方」、「綺麗に終わって満足です」という声が大勢を占めました。

これは登場人物がそれぞれ再出発を期し、明るく希望を持った明日を目指す終わり方になっている点が評価されていたものと思われます。

「ファイナルカット」が伝えたかったこと

百々瀬塁が「ザ・プレミアムワイド」の中で過去の報道の過ちについて謝罪したシーンがありましたが、そのことこそ「ファイナルカット」からのメッセージだった気がします。

ネットへの投稿にも「報道の在り方に一石を投じるテーマ、真犯人を追及する内容」とか「たった今、現実に起こってることとリンクしてタイムリーでした!」などの書き込みがありました。

結局、「最近の(フジの)ドラマにしては生々しい感あった」という意見がファンの率直な感想だったようです。

 

実際には、報道番組が殺人事件など大きなニュースの誤報を謝罪することはあり得ないことだと思います。

現実に後になって裁判で冤罪と確定した事件でもマスコミは発生当時容疑者を犯人と断定して報道していた事例がいくつもあります。

例えば、実名は避けますが、20年くらい前に長野で農薬を混ぜて使っていただけでマスコミの報道で凶悪犯にされてしまったおじさんがいましたね。

過剰な報道がとんでもない不幸を呼ぶ引き金になることは肝に銘じなければなりません。

そこをドラマの見どころにした「ファイナルカット」が最終回で多くの人の感動を呼んだのはわかる気がします。

「ファイナルカット」の終わり方についてネットの感想は?


意外な役者が登場して驚きましたね。てっきりすでに登場していた人物の中に犯人がいると期待していたのでちょっとサプライズ感がなくて残念でしたが、慶介との対決シーンで納得させられました。


伏線が色々あって想像した割には単純な結末で残念だと感じましたね。雪子だけが傷つかない終わり方。雪子の証言で早川恭子が自殺することになったことが忘れられている!


すべてを祥太に押し付けて終わってるような気がする。12年前にちゃんと捜査しておけばこんなことにはならなかったということも忘れられている。


対決場面のハラハラドキドキの攻防は見ごたえがありましたね。ミュージカル俳優として沢山の舞台で演技してきた山崎育三郎だから迫力もありました。

出典:

まとめ

久しぶりにメッセージ性の高いドラマを見た気がしています。

終わり方も多くの視聴者が予測した通り小河原祥太の犯行で、それを主人公・慶介が追い詰めて結末に至りました。

胸のすく終わり方と言って良いでしょう。

ただし雪子と若菜は祥太を庇うため嘘の証言をして早川恭子を自殺に追い詰めたのに、「証言を言い直す」だけですべて許されてしまうのですか?

そこは見逃してちょーだい!!ドラマなんだから許されるのよ!!

■関連記事

>>ファイナルカット見逃しを最もお得に見る裏技はこれ!

>>ファイナルカットの橋本環奈が怖い!演技力あるってことだね!

>>アンナチュラルのアルファベット表の死因から分かる真実とは?ネットで考察が進む!

Sponsored Links

関連記事

  1. 99.9深山の父親の冤罪事件の真相は?謎の男が知っている!

  2. 海月姫の原作漫画の感想まとめ!ドラマ化に賛否両論!

  3. 海月姫ロケ地がソヨカふじみ野!ドラマ撮影多いよ!

  4. 庄野真代とは誰?99.9最終回ゲストで本人役!出身がトルコ???

  5. 木村文乃のゲコゲコが可愛すぎ!毎週やってくれ

  6. anone見逃した!ハマる面白さ!合う人合わない人についても

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP