2018年4-6月期

モンテクリスト伯で暖に気づかないのはなぜ?と荒れるが…

ディーンフジオカさんが主演のドラマ『モンテクリスト伯』。
どうやら視聴率はあまりよくないようですが、真面目に見ている視聴者からは高評価のようです。

今後、どのような復讐劇が繰り広げられていくのか、楽しみなところですが、一方で、視聴者からは第2話で「登場人物たちが暖に気づかないのはなぜ?」と無理のある設定に疑問の声が上がっているようです。

そんなん気にならなかったよ!

Sponsored Links


モンテクリスト伯で暖に気付かないのはなぜ?との声

疑問が上がっているのは、地元の仲間だった南条幸男と神楽清の前に、高いスーツに身を包んだ暖が現れたシーンです。
3人は海をバックに軽い会話を交わすのですが、幸男も清も全く変わっていない暖にを前にしても、それが暖だとは思っていない様子。
お互い顔見知りよりも深い関係であったはずなのに、当たり前のように他人行儀で話をしていましたね。

リアルタイムでドラマを見ていた私も「気付かないんだ」と思いながら見ていましたが、ネットの反応を見ていると、同じように「暖は全然変わってないのにみんな何で気付かないの?」と思った人は多いようです。

昔と今、暖が変化した点とは…

ドラマの中の設定では、投獄してから15年後に、命からがら日本に戻ってきていることのようです。
その間に起こった暖の変化をまとめてみましょう。

まず誰でも簡単に分かることは、年齢ですね。
年は確実に取っていて、少々老けてはいるでしょう。

さらに、暖にこの15年で確実に影響を与えているのは、牢獄での老人の存在。
過酷な生活を送っているのと同時に、暖は老人との脱獄を約束して、その実現のために自然と体力や筋力もついていると思います。

また、日本では英語が読めなかったはずの暖が、獄中の中で様々な言語を話しているという点からも、老人から言語を含めた様々な知識を受け継いだということもわかりますね。

何よりも、とんでもない量のお金を持っているということ。見た目の服も高そうで綺麗、クルーザーに乗って去っていったということからも、漁師を仕事としていた暖の各段な変化といえるでしょう。

もちろん、これだけの変化でも「友人たちなら気付かないわけない」と、すぐに反論されてしまいそうですが、15年の間に暖も日本にいたときとは比べ物にならないほどの知識、体力、財力、そして何よりそれに伴って得た強大な精神力、自信が備わっているということを分かっていただければと思います。

Sponsored Links


登場人物たちが暖に気付かないのはなぜ?

ここで、誰に気付かれていないのかを一旦整理してみましょう。
まず、漂流したばかりの時、長髪ボロボロの暖に会ったのは、守尾漁業の息子信一郎と、元社長で老衰していた英一郎、そして地元仲間の一人角田類です。

次に、復讐を決意してから、大富豪のモンテクリスト伯の暖として会ったのは、先程も確認した幸男と信です。

ここで一つ注意したいのは、すみれは気付いているかも、という点です。
第2話の最後、クルーザーで去っていく暖を見たすみれが映し出されましたが、あの時の暖の横顔を見つめるすみれの反応だけは、他の登場人物たちとはっきり違っていたと思います。
原作となっている小説でも、すみれに当てはまる人物だけは気付いていたということなので、意外にも原作に沿ってできていることのようです。

https://twitter.com/MONTE_CRISTO_cx/status/989503952206024704

さて、最初に出会った3人が気付かなかったのは、容姿があまりにも違っていたという理由がつけられるとして、南条幸男と神楽清はなぜ気付くことができなかったのか、という疑問は残っています。

唯一私が2人をフォローしてあげられるとすれば、当の昔に死んだはずの人間がまさか自分の目の前に現れるとは夢にも思っていないということ。そのくらいの理由しか、思い浮かびません。

しかし、そもそも大前提として、このドラマは完全なるフィクションです。海外で捕まっていた男が脱獄し、海を渡り、遠く離れた日本に戻ってくる、これだけで十分に現実離れしているように思います。

さらに、ディーンさんの風貌を全く変化するということも、ファンの期待を裏切ることになる、そう考えれば制作側の意図も考えられます。

ドラマはファンタジー。ツッコミどころは色々とあると思いますが、そこに目を向けるのはもったいない。それ以上に、今後行われていく復讐劇の展開にみなさんで注目していきましょう。

Sponsored Links


暖が気付かれないのは制作側の意図?

もうひとつ考えられることがあります。
一通り確認ができたところで、ここからは完全に持論ですが、私は製作者側がわざと気付かせてないのでは?と思っています。

それは、気付いていない南条幸男と神楽清、他の登場人物たちと、唯一気付いているすみれ。その時の流れ方や感情の違いを対比させているのでは?と考えるからです。意味が分からない、そんな声も聞こえていますが、詳しく説明していきます。

まず、守屋漁業の親子が気付かなかった理由。親子に関しては、親はもう幾分まもない命であること、子は小さいころに会った暖の記憶がないということを大前提として考えます。
さらに暖の風貌を思えば、気付かないのも当たり前です。
おそらくこの場面では、暖がいかに長い時間、慣れ親しんだ街にいなかったかという「時の変化」を視聴者にはっきりと伝えているんだと思います。

さらに、幸男と清が気付かなかった理由。
この二人が暖を陥れた直接の首謀者とされていますから、心はドロドロに汚い、ということは明らかです。
さらに、昔と変わらない暖を見ても何も勘付かない、それは15年間、暖をこれっぽちも思っていなかった、という「悪役」としての二人をはっきり位置付けていると思います。

これらの2つに対抗するように存在しているのがすみれです。
すみれの中では15年、確実に年を取りながらも、暖がいなくなってからの心の時は止まっていたということなのかなと、勝手に思っています。
さらに、暖のことにいち早く気付いた、ということは、暖を唯一、純粋に想い続けていた愛の人物としての象徴のようにも思えます。

有名な某アニメ映画にも、子どもにだけしか見えない妖精がいますね。あれと同じで、暖を見分ける、見分けないの違いは、人物たちのそれぞれの心情によって変わるという見方ができなくもないわけです。

ただこれは、暖とすみれが現代で再び結ばれるかもしれないという前提が私の中にあるからで、今後の展開は予測できません。正解だと断言することは無理ですが、このように自由に考えることができるのも小説や映画、ドラマの醍醐味だと感じます。皆さんもなぜ?の先に自分の思う答えを見つけてみてください。

まとめ

今回は、暖に気付かないのはなぜ?という疑問を少しでも解消するための、記事となりましたがいかかだったでしょうか。
基本的にドラマはノンフィクションで都合のいいように作られているのも事実です。今後の展開に注目しながら、『モンテクリスト伯』の復讐劇を楽しんでいきましょう。

Sponsored Links


関連記事

  1. モンテクリスト伯主題歌のディーン新曲echoが新しすぎる!Waveサウ…

  2. Missデビルのファッションがヤバい!印象的なものをピックアップ

  3. コンフィデンスマンjpの中吊り広告が怖い!不評すぎ?【画像有り】

  4. コンフィデンスマンJPでブルゾンCMへの流れが完璧すぎ!「偶然?」「仕…

  5. ブラックペアンの病院はどこ?実際の撮影は迷惑にならないの?

  6. モンテクリスト伯山口紗弥加役が怖い演技!なぜやった?目的と過去のまとめ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP