2017年10-12月期

ドクターX5期も高視聴率である3つの理由

10月12日に放送された「ドクターX」シリーズ5の1話が高視聴率でスタートしました。ネットでも「時事ネタ盛り込むねぇ」「おもしろくつくられている」など楽しめたという投稿が目立ちます。

「ドクターX5期」も高視聴率である3つの理由をまとめました。

 

Sponsored Links


ドクターX5期も高視聴率

放送の翌々日に公表された「ドクターX」の視聴率は20.9%とこれまでのシリーズ初回と比べると若干落ちたものの大台20%を楽々超える高視聴率でした。

すごーい! 今年最高の初回視聴率でしょう!
これは、大門未知子(米倉涼子)、あきらさん(岸部一徳)、城之内博美(内田有紀)や蛭間重勝(西田敏行)、海老名敬(遠藤憲一)、原守(鈴木浩介)のレギュラー陣に加えて、

今回からは、内神田景信(草刈正雄)、猪俣孝(陣内孝則)、鳥居高(段田康則)の新キャラクターが登場し、志村まどか(大地真央)や第1秘書として中谷恵子(是永瞳)や第2秘書のソンタくんや蛭子能活さんまで出演するという豪華配役陣が功を奏したものと思われます。

 

すべてが19%以上の高視聴率の3つの理由

1つ目は、大門未知子役の米倉涼子のエネルギッシュな魅力と演技にあると思います。

これまでの医療ドラマにはいない医療の組織に対する反骨的な人物を、ユーモアを交えた説得力ある表現で突いてくるところがとても魅力的に感じるのですね。

 

2つ目は、西田敏行が演じている蛭間重勝を筆頭に、旧体制の悪どもがみんな滑稽で憎み切れないキャラクターに設定されていることが揚げられます。

遠藤憲一の海老名教授が上司にへつらう姿などは見ていて涙ぐましい位です。

 

3つ目は、ドラマの展開にスピード感があるということです。

毎回、パターンは似ているのですが後半部分で大門未知子が困難な手術に挑んで周りを驚かすような成功を収め、あきらさんがやって来てメロンと請求書を渡す。

これを毎週見ても飽きないのはなぜなのか?期せずして水戸黄門の印籠の登場と全く同じ時間なのです。

 

参考までに、今までの視聴率表がありましたので、そのまま貼っておきます。

 

初回から最終話への視聴率の傾向も同じではありませんか。

 

Sponsored Links


ネットの反応まとめ

Yahoo!リアルタイム検索でドクターX5期についてイッター投稿などをピックアップしました。

「ドクターXの初回視聴率がまたしてもすげえええええええことに」

「大門みち子は人の命を優先させる。 悪だろうが。 おもしろくつくられている。」

「今年の本命“失敗できない”ドクターX」

「ドクターXの唯一無二、気に入って一緒に歌ってますぅ」

「相変わらず時事ネタ盛り込むねぇ」

「やっぱり米倉涼子様最高や。」

「ドクターX5期1話。評判ほぼ面白いばかりで大好評」

「ドクターXは変わらず面白い。」

「泥棒猫って言ってるとこで来たの笑った。」

「靴がヴァレンティノとフェンディのバックで最強にカワイイな~これ」

 

出典:Twitter

 

感想・まとめ

ドクターXの新シリーズが始まりましたね。

今回第1話の冒頭は大門未知子がロッククライミングで岩山を登るところです。

多分、あそこは奥秩父の瑞牆山だと思いますが紅葉の名所で秋のドラマの始まりにふさわしい場所ですね。そして、温泉でのお決まりの股開きポーズ。1年間待っていた甲斐がありました。

それに路線バスのシーンでは蛭子能活さんの登場まであってなかなかのサービスぶりでしたね。

 

ところで、患者ファーストを標榜する医院長志村まどかや「忖度(そんたく)」をもじったソンタくんまで登場して第1話は政治ネタで攻めてきました。

とても面白くて楽しませてくれた新シリーズでしたが、ベンケーシーが心配そうな顔をしていたのが少し気になりました。

■関連記事

ドクターX5期をオンデマンドは無料で見れる?調べてみた結果

Sponsored Links


関連記事

  1. ブラックリベンジで堀井新太は敵か味方か?なぜ盗聴器を?n

  2. 陸王のロケ地と事前に知る方法!やっぱり気になるなら参加しに行くしかない…

  3. 陸王松岡修造の笑いの意味は?何の企みアトランティスと裏取引!?n

  4. 陸王で瀬古利彦の役がまさか!マラソン解説じゃないのかいっ!n

  5. ユニバーサル広告社のキャスト一覧 「ええっ!娘の早苗役がいないの?」n…

  6. 監獄のお姫さまでのんがゲスト出演はいつ?噂される理由n

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP