2018年1-3月期

アンナチュラル中堂の恋人に対する思いが怖い!Lemonの歌詞は関係ある?

画像出典:「アンナチュラル」Instagram

「アンナチュラル」で中堂系(井浦新)の亡くなった元恋人・糀谷夕希子(橋本真美)に対する思いが「泣ける!」「怖い!」と話題になっています。

さらに米津玄師さんの主題歌「Lemon」の歌詞が中堂と恋人との関係を表現しているという指摘もあるのです。

「アンナチュラル」中堂の恋人に対する思いについて感想をまとめました。

Sponsored Links




中堂の恋人に対する思い


出典:Twitter・画像:「アンナチュラル」公式HP

ドラマ「アンナチュラル」に登場する中堂系の殺された恋人の死の真相を追い求める姿に、人気が集まっています。

そして、8年前その恋人を解剖した中堂の思いとはいったい何なの?という疑問があります。

「偏執的に恋人の死の真相を追い求めている奇人」なのか?「恋人をとても愛していた情の深い男」なのか?いずれにしても中堂の「犯人への憎しみが凄まじい」のです。

それは5話で同じように妻の死に疑問を抱いた鈴木巧(泉澤祐希)のエピソードの中で中堂の思いは表現されていました。

遺体の口の中にある「赤い金魚(斑点)」を追い求めて中堂の果てしなき戦いは続いているのです。

Lemonの歌詞は関係あるの?

「アンナチュラル」の米津玄師が書いた主題歌「lemon」の歌詞に中堂と恋人のお互いの重いが込められているという指摘があります。

ネットに投稿されたコメントには「1番が中堂から恋人へのメッセージ、2番が恋人から中堂へのメッセージ」「“胸に残り離れない苦いレモンの匂い“の部分に中堂の恋人への思いが込められている」と云った書き込みもあります。

<参考>
https://www.uta-net.com/movie/244127/
どうでしょう。

中堂系の思いを感じられましたか?

Sponsored Links




中堂の恋人への思いについてネットの感想は?


中堂の雪の中のシーンに元恋人への思いと鈴木巧の妻への思いが重なって見えましたね。
空を見上げる姿が美しい映像でした。


「lemon」の歌詞が何度聞いても胸に響く。中堂の気持ちが痛いほど伝わってくる良い歌詞だと思う。


中堂の気持ちが理解できるミコト。「今、何かできることは?」の問いにすべて込められていたように思います。


歌詞の一節一節に中堂の思いが込められているようで泣けてきますね。このドラマ主人公は中堂だったのか?と思ってしまいます。


やっぱり中堂の恋人を殺した犯人は追及されなくてはいけない!飯尾(ずん)に違いない!

出典:Twitter

まとめ

「アンナチュラル」の中で唯一、心に響くエピソードが中堂系の亡き恋人への思いと犯人への執念でだと思います。

その気持ちを表しているのが主題歌「lemon」。

そして犯人は7話でその片鱗を表すのです。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 海月姫の富山えり子が2役!誰かに似てるな..

  2. 99.9小ネタのカマキリ大量発生が面白すぎる理由「次はタガメがくる?」…

  3. ファイナルカットの真犯人はあの人でしょ!?そんなことってあるのぉ

  4. ファイナルカットの撮影中に亀梨和也が骨折! 大丈夫なの?

  5. 99.9深山の父親の冤罪事件の真相は?謎の男が知っている!

  6. 中村倫也の演技がうまい!ドラマ出演ファイナルカットでビビリ旦那役

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP