未分類

アンナチュラルに原作はあるの? 

2018年1月スタートの石原さとみ主演の冬ドラマ「アンナチュラル」は、原作のない野木亜紀子さんオリジナル脚本で制作されます。

ドラマのオリジナル脚本は野木さんにとってデビュー作「さよならロビンソンクルーソー」以来2作品目。

原作のないドラマ「アンナチュラル」の脚本を書く野木亜紀子作品の評価をまとめてみました。

野木亜希子さんて、逃げ恥を書いた脚本家の人でしょう 冬ドラマの「アンナチュラル」とても期待できそう!
Sponsored Links




アンナチュラルの原作は野木亜紀子オリジナル脚本

原作に依らず、野木亜希子さんのオリジナル脚本で制作される「アンナチュラル」は、どんなテイストの作品になるのでしょうか?

石原さとみが主人公で遺体の死因を特定する解剖医を演じるのですから、きっと明るくちょっと目立ちたがり屋の主人公が活躍するストーリーになるのではと思いがちですが、けっこう地味な部分もある推理ものらしいのです。

「リバース」や「Nのために」などを手掛けた新井順子プロデューサー、演出を担当した塚原あゆ子が制作に携わり本格的なミステリーを期待できます。

ところで、脚本家・野木亜紀子の作品と言えば、2016年に放送された2本のTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」が大ヒットしましたね。ただし、これは人気漫画が原作にありました。

野木さんはその前に、フジテレビ「主に泣いてます」、TBS「空飛ぶ広報室」「図書館戦争」、日本テレビ「掟上今日子の備忘録」も脚本を書いていますが、いずれも原作の漫画や小説を基にした作品でした。

野木亜紀子さんのオリジナル脚本ドラマを探そうとすると、2010年フジテレビの「さよならロビンソンクルーソー」まで遡ることになります。

この作品は、フジテレビヤングシナリオ大賞への応募作品で36歳の時にはじめて大賞を受賞。

野木亜紀子さんはこの作品で脚本家としてのデビューを果たします。

野木亜紀子のデビュー作「さよならロビンソンクルーソー」って?

「さよならロビンソンクルーソー」は、2組の男女の無償の愛を描いた作品です。

精神に不安定な部分がある美しい女性に貢ぎ続ける清掃員の男と、先の見えないミュージシャンに貢ぎ続けるナースが出会い自分を見つめ直すというストーリーです。

そこには、野木亜紀子の独特な世界観と男女の本音を表す会話が盛り込まれていてインパクトのある物語でした。

「僕は愛されたかったんだ!」そのセリフがとても印象的でしたね。

Sponsored Links




 野木作品の評価についてのネットの反応

ツイッターで、野木作品の評価についてのネットの投稿を集めてみました。


漫画の実写化で勇名を馳せた脚本家・野木亜紀子のオリジナル作品に期待大ですね!


法医学ミステリーってちょっとディープな推理がありそうですね 楽しみだなあ


過去作と比べて観るのも面白いかもですね


過去作の続編も気になるところですね


熱烈な野木亜紀子ファンの期待に応える作品に「アンナチュラル」もなって欲しいですね。

出典:Twitter

まとめ

野木亜紀子作品には、「逃げ恥」など女性目線の作品が多いだけにコメントを寄せる投稿者も女性が多いようですね。

けれど「アンナチュラル」はオリジナル脚本で法医学ミステリーですので男女のどちらからも期待できる作品になって欲しいと思いますね。

■関連記事

竜星涼の演技は下手?うまい?アンナチュラルで重要な役に決定!

アンナチュラルの顕微鏡の向き逆じゃとの声にメーカーが直回答!

アンナチュラル中堂の恋人を殺した犯人への執着がすごい!犯人予想もしてみた

アンナチュラルで 坪倉由幸が泣ける演技を!俳優でもいけるんじゃ!?

Sponsored Links




関連記事

  1. 大女優殺人事件の原作はこれ!感想から分かるすごいこと!

  2. さくらの親子丼の大西礼芳の評判が上々!演技に「売れそうな予感」の声!n…

  3. 陸王で寺尾聰の演技がいつもと違う?父親に似てきたなんて声も 

  4. 絶対零度で上戸彩失踪で主役交代設定にしたのはなぜなの?

  5. デスノートLNWの評価が真っ二つ!ストーリーの紹介と感想まとめ!n

  6. アンナチュラルの意味って?石原さとみ挑戦の法医解剖医とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の記事!

カテゴリー

PAGE TOP