未分類

パディントン発4時50分の原作の感想まとめ!アガサクリスティは天才だ!

あのミステリー小説の古典として現代ミステリーに影響を与えたと
言われるアガサクリスティー原作の

「パディントン発4時50分」が装いも新たに映像化!

原作でのネットでの感想はいったい?

Sponsored Links




パディントン発4時50分の原作は?ドラマ化決定!

ミステリーの女王と呼ばれるアガサクリスティ原作の小説

「パディントン発4時50分」

が日本版ヒロインを天海祐希に冠し華麗に誕生します。

2夜連続ドラマスペシャル第1弾として3月24日土曜日夜9時にテレビ朝日系列で放送予定です。

アガサクリスティ原作のミステリー小説は現代ミステリー小説や映画の母と言える古典ミステリーです。

その影響を受けた作品を列挙すると映画ではシャイニング、スクリーム、SAW、EVIL DEAD(邦題:死霊のはらわた)等
はアガサクリスティのミステリー小説に影響を受けている作品ではないでしょうか?

このように現代ミステリーに必要不可欠な密室事件要素や事件が起こる直前での伏線、いわゆるフラグ立てを演出する原点に
なっているアガサクリスティーは現代に必須のエンターテイメント要素を作り上げたミステリーの女王として非常に大きな
功績をのこしました。

電子書籍版も出ていますね。

「パディントン発4時50分」

は1957年に刊行されたアガサ・クリスティーの長編推理小説第七作目です。

Sponsored Links




パディントン発4時50分の感想まとめ

ミスマープルのものでは一番好きです。展開も早く、知的。
読物としてはとても楽しめる内容で、最後まで一気に読み進めていくことができた。
パディントン発4時50分はアガサの作品の中ではかなり上位にくる作品で、なによりも全ての登場人物のキャラクターが立っている
サスペンスといえば、列車ものというくらい、列車の時刻、追い抜く際のできごとと、道具立てはそろっています
目撃者の人を信じるという人間観察、人間描写が中心になっているところが楽しめるところ
トリックより、登場人物の人間模様、イギリスのカントリーハウス、食事の描写などが興味深い
冒頭からして、作品世界に引き込まれ、一気に読まされました
すれ違う列車の中で起きた殺人を目撃するという出だしはなかなか魅力的である。その後発見された女の死体が一体何者なのか・・・
ミス・マープルシリーズの一作でちょっと異色なのは、中心的に動くのが彼女ではないというところ。
クリスティらしいストーリー展開は健在で、古き良き時代の雰囲気が味わえるミステリー

出典:Amazonレビュー

まとめ

「パディントン発4時50分」

はミステリーの女王アガサクリスティーの描く密室的要素がたっぷり含まれている古き良き時代の
感想が味わえるミステリー小説です。

現代ミステリーの伏線の要素はほぼアガサクリスティーから引用されてきたものが多いので
はないでしょうか?

そんなアガサクリスティー原作の小説

「パディントン発4時50分」

は2夜連続ドラマスペシャル第1弾として3月24日土曜日夜9時にテレビ朝日系列で放送予定です。

是非ご覧ください。

Sponsored Links




関連記事

  1. アンナチュラルの意味って?石原さとみ挑戦の法医解剖医とは?

  2. さくらの親子丼の大西礼芳の評判が上々!演技に「売れそうな予感」の声!n…

  3. 絶対零度で”安室透を意識してる”ってどういうこ…

  4. 君が心に棲みついたの原作感想をまとめてみた!天堂きりん心臓鷲づかみです…

  5. 鬼畜ドラマスペシャルの木村多江の演技が楽しみで仕方ない理由

  6. ドクターX5の1話のロケ地 温泉で蛭子さんと遭遇したのはここ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP