2019年1-3月期

3年A組第9話あらすじネタバレ!サイレント部分はなんて言ってる?

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』も最終章に突入しましたね!

景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相や、柊一颯(菅田将暉)が起こした事件の全容が見え始めてきました。

果たして、どんな結末が待っているのでしょうか?

最終回前の第9話のあらすじについて、詳しくご紹介していきます!!

『3年A組~今から皆さんは、人質です~』の見逃しなら『hulu』
話題の人気ドラマ『おっさんずラブ』『今日から俺は!!』なども見ることができます。
月額933円(税抜)で国内ドラマ、アニメ、海外ドラマなど幅広く見られるのが特徴。
今なら2週間の無料お試し期間も!

▼Huluは2週間無料トライアルあり!▼

2週間の無料トライアル



※その他『3年A組』『おっさんずラブ』『安室奈美恵ラストツアードキュメント』等も見放題!


3年A組第9話あらすじネタバレ

3月9日。

3年A組の生徒は喪服姿で教室に集まっています。

高校卒業してから3年という月日が経ち、A組の生徒たちは成人した姿でそれぞれの夢に向かって歩んでいます。

大学で学業やスポーツに打ち込んだり、趣味を生かしていたり、就職したりと一人一人が輝いています。

久しぶりに会った同級生たちとの会話を楽しんでいる中、諏訪唯月(今田美桜)がふと黒板の前に飾られている柊一颯(菅田将暉)の方へと目を向け「今の姿をブッキーにも見せたかった」と呟きます。

今日は柊の三回忌だったのです。

「そろそろ映画流そうか」と逢沢博己(荻原利久)が声をかけます。

しかし、茅野さくら(永野芽郁)だけがいないことに気づきます。

甲斐隼人(片寄涼太)が「来るか、分かんねぇだろ」というと、映画を流し始めることにします。

映画は『景山澪奈のドキュメンタリー』でした。

Sponsored Links




逢沢の邂逅

逢沢はこの当時のことを思い出していました。

景山に『ドキュメンタリーを撮りたい』と頼んだ逢沢でしたが、景山は断ります。

しかし、逢沢は「いつか景山が壊れてしまうのではないか」という不安から、映像の中で自分をさらけ出せるようにしたいことを伝えます。

すると、景山は撮影を承諾したのです。

映画の中で、表彰された景山は嬉しそうではありませんでした。

しかし、茅野と友人になってからは笑顔が増え、楽しそうな姿が映し出されていました

ところが、ある日景山が一人でいるときがあり、逢沢が『どうかしたの?』と聞きます。

その問いに景山は「さくらに一番言われたくないことを言われた。私は強くないから」と。

その後、景山のドーピング疑惑が浮上します。

逢沢は「みんなに説明するから」というと、景山は「そんなことしたら、標的にされる。さくらも巻き込まないようにしなきゃ」と呟きます。

徐々に学校にも来なくなり、茅野は逢沢と共に景山の自宅を訪ねますが、会ってはもらえず、茅野は「私のせいだ」とうつむきます。

次の映像に景山は美術室に、柊といました。

そして、柊に「どうして自分の気持ちが分かるのか?」と聞きます。

柊は「自分の知り合いも同じ目にあっていた。君の力になれるかもしれない。」と言います。

しかし、景山は『フェイク動画の犯人にひとりで会いに行く』と言って去っていきました。

その直後、映画を見ていた教室の扉が開き、成人した茅野が入ってきました。

映画は、茅野が景山に『話があるんだけど・・・』という場面で止まります。

現在の3月9日

郡司真人(椎名桔平)に倒されてしまった柊のもとに、ガルムフェニックスが助けに来てくれました。

ガルムフェニックスは郡司を気絶させることに成功します。

すると、倒れていた柊は警察に連絡し、新たな人質を取ったことを警察側に伝えると、警察側は無理な突入を辞めざるを得なくなりました。

直後に柊は倒れ助けに来たガルムフェニックスと茅野が付き添い、美術室まで運びます。

郡司は手錠をかけられ拘束されますが、熊沢花恋(堀田真由)が朝食を持ってきます。

郡司は「生徒まで手名付けて」と言いますが、熊沢は「先生は全て受け止めてくれるから」とだけ言い残し、その場を去ります。

ガルムフェニックスの正体はファイター田中

ガルムフェニックスがマスクを取ると、そこにはスーツアクターのファイター田中がいました。

ファイター田中は『正義のために戦うのがガルムフェニックスだから。今度焼肉おごれって言っといて。』とだけ言い残すと帰っていきました。

西崎はこの姿に憧れ、将来スーツアクターを目指すことになります。

武智大和(田辺誠一)は、ネット上に拡散されたフェイク動画によって武智に対する世間の評判は悪くなっていました。

そのことで次第に幻聴が聞こえるまでに追い詰められていきます。

Sponsored Links




相楽孝彦が柊の動画を投稿

相楽家では、相楽孝彦(矢島健一)は柊が写っているフェイク動画をマインドボイスに投稿します。

そして、柊に電話をかけます。

電話に出た柊に対し、孝彦は『少し早いが、計画通りに動画の投稿をしといた。警察が来ているから、これから出頭する。』と伝えます。

柊は「すみません」というと孝彦は『文香に寄り添ってくれてありがとう』と感謝の気持ちを伝えます。

電話を切った孝彦は娘の文香(土村芳)に『強く生きるんだよ』とだけ伝え、自宅の前で待機していた刑事と共に出頭していきます。

その姿を文香は追いかけますが、孝彦の姿をただ見送るだけしかできませんでした。

3年A組の教室では

マインドボイスに投稿された動画によって、柊が再び凶悪犯として責められている投稿に対し、生徒たちは「酷い」と口々に言います。

何とか柊が悪人ではないことを伝えたい生徒達でしたが、柊との約束で決して協力していることは気づかれてはいけないため、困っていました。

逢沢はふと柊に事件前にした会話を思い出します。

柊は逢沢に『景山の映画を撮っていたのなら、映像を見せてほしい。』と言われます。

少し戸惑う逢沢に柊は『茅野のこと好きだろ?』と冗談を言いながら、事件の内容を伝えます。

逢沢は『先生は景山を殺した犯人を知っているんですか?』と聞きますが、『ああ、でも簡単には解決しない。真相を明らかにするためには、俺が全国民の敵になる必要がある。』と言ったのです。

教室では、生徒たちが『どうしよう』と頭を抱えている姿がありました。

その時、教室の扉が開き、柊が入ってきて最後の授業を始めます。

柊の声に真剣に向き合おうとする生徒たちの姿に柊は『いい顔になってる』と褒めます。

そして、今回の事件の全容を話し始めます。

Sponsored Links




立てこもり事件の目的は?

柊は生徒たちの前で、立てこもりをした理由について話します。

『俺には、学生時代から付き合っている恋人がいる。
彼女は武智の秘密を知ったことでフェイク動画を流され、心を病んでしまった。
その証拠をつかむために、この学園に入った。
しかし、景山も武智を説得しに行き亡くなってしまった。
その日に、がんの再発によって自分の命の余命を知れされた。
この時、自分は何か生徒たちに教えることが出来ていただろうか。
自分がやるべきこととは?と自問自答して出した答えが今回の事件だった。
目的は3つある。1つは武智に、彼女たちが味わった苦しみを追体験させ、罪の重さを知ってほしかった。』

と柊は、ここまで話すと黒板に手を当て、その手にナイフを突き刺します。

そして、生徒たちに再び話し始めます。

柊の言葉は聞こえないようになっていますが、生徒たちは柊の言葉を聞き、驚き、そして涙を流します。

『ナイフを刺せば血が出る、痛みも伴う。命も奪える。
当たり前のことでも、今の社会はめまぐるしく動いているから気づかない。
そんな大人にはなってほしくはなかった。
想像力を働かせて、自分の言動や行動に責任を持ち、行動する前に踏みとどまってこれが正しいかと問いただす。
みんなにはそれを伝えたかった。
それが3つ目の目的だ。
景山が気づかせてくれた。
この10日間、みんなは変わってくれた。
俺を教師にしてくれて、ありがとう。
明日の昼にはみんなを解放する。
俺の授業は終わりだ、今までお疲れさまでした。』

と柊が話し終えると、生徒たちはこらえていた涙を流し、泣き始めます。

柊は郡司とともに屋上へ

柊は一人教室を出ていきます。

そして、郡司のもとへ行き『特等席で事件の結末をお見せしますよ。』と言い、警察側に最後の要求をします。

屋上で人質を連れていくので、その時に次の要求をすることを伝えます。

柊は郡司を連れ、屋上に向かおうとしますが、茅野が必死に止めます。

しかし、柊は天井を爆破し、茅野が追ってこれないようにしてしまいます。

座り込んでしまった茅野のもとに逢沢は駆け付けます。

そこで茅野に「これは茅野のためでもある。」ということを柊から聞いたことを伝えます。

その話を聞いた茅野は、教室に急いで戻ります。

柊と郡司は屋上につき、待機していた警察や教師たちが屋上を見上げます。

銃口を郡司に向けた柊でしたが、次の瞬間、柊は何者かに撃たれてしまいます。

教室では茅野が「自分が景山を殺した。」という告白をします。

生徒たちの耳には、柊が撃たれたという報道と茅野の告白で不穏な空気に包まれます。

このまま柊は真相を語ることなく死んでしまうのでしょうか?

そして、茅野が告白した内容は本当なのでしょうか?いよいよ次週は最終回です!お見逃しないように!

Sponsored Links




サイレント部分は2ヶ所!

今回、柊一颯がA組の生徒たちに真相を話しました。

生徒たちは驚きながらも、柊の話を真剣に聞き、受け入れていました。

しかし、柊が生徒達へ向けて話した内容の一部がサイレントになっており、聞こえませんでした

とても気になりますよね!

その部分は2ヶ所あります。

1つ目のサイレント部分

1つ目は、景山澪奈を殺した真犯人についての部分です。

この部分は、気になるところではありますが、警察でも逮捕するのが難しい相手ということもあり、簡単には教えてもらえないようです。

しかし、景山は一体誰に殺されてしまったのでしょうか?

2つ目のサイレント部分

そして、2つ目は、柊が今回の事件を起こした目的のうちの2つ目の部分です。

この2つ目の目的は、真犯人とも関係しているためサイレントになっていたのではないかと考えられます。

しかし、この2つ目の目的を聞いた生徒たちの表情には涙が滲んでいる様子が写っていました。

さらに、何か自分たちの中で強い誓いを立てたような力強いまなざしを向けていたようにも見えます。

A組の生徒たちは、この10日間で人として大切なことや、生きていくうえで重要なことを柊から教えてもらったのでしょう。

だからこそ、一人一人が誰かに頼ることなく、合わせることなく、自分の意思で柊の話に耳を傾けていたのでしょう。

最終回には明らかになるところではありますが、今回の事件の最大の謎の部分はサイレントになっています。

ぜひ、サイレントの部分を明らかにするためにも、最終回をご覧ください!

ちなみに、別のページでこの口パク部分を予想しています!
そちらも見てみてね♪→『3年A組』立てこもりの目的は?口パク部分を予想してみた!
Sponsored Links




3年A組第9話の内容は?予告とあらすじ

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。

果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。
本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。
一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。

彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。
これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。
3年A組が迎える運命の10日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。
引用:日本テレビ公式サイト

まとめ

柊一颯が明かした事件の全容を聞いた生徒たちは、今後どのように受け止め生きていくのでしょうか?

3年後に集まった生徒たちは、みんな清々しい表情で過ごしていましたね。

柊が命懸けで起こした『生徒人質立てこもり事件』も次回で終結を迎えます。

柊が残したかったものとは?

そして、柊を撃った人物とはいったい誰なのでしょうか?

ドラマ『3年A組』最終回をぜひ、ご覧ください!

Sponsored Links




■ 関連記事

関連記事

  1. 3年A組に出演!秋田汐梨(あきばりん役)の役がら、プロフィールや演技力…

  2. 3年A組水泳部顧問『坪井勝』を演じるのは神尾佑!プロフィールや出演作品…

  3. 3年A組 金沢玲央(かなざわれお)役『新條由芽』のプロフィールは?意外…

  4. 3年A組第7話見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹介!

  5. 3年A組第8話見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹介!

  6. 「3年A組-今から皆さんは人質です」のキャストまとめ!ジャニーズの注目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の記事!

カテゴリー

PAGE TOP