2019年1-3月期

3年A組のオチは?黒幕、真犯人は誰?事件の真相は?

菅田将暉さん主演で話題のドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」がついに最終回を終えました。

謎に包まれていた柊一颯の数々の行動、そして事件の全ての真相が明らかになりました。

真実がどこにあるのか「Let’s Think!」で物語を振り返りつつ、このドラマをオチも含めてまとめていきたいと思います。

Sponsored Links




3年A組のオチは?

ドラマ「3年A組」は高校卒業までの残り10日間で、担任教師柊一颯が生徒29人を人質にとり始まった「最後の授業」の物語でした。

当初分かっていた目的は、自殺したクラスの生徒・景山澪奈の死の真相を探ることでした。

そして、しっかりとした準備や計画の元に進んで行く一颯の真の目的やこの最後の授業で伝えたかったことが1日1日と明らかになっていきました。

なぜ澪奈の死にこだわるのかという点では、2人の間に教師と生徒以外の関係があるのではとの予想もありましたが、特別な関係はありませんでした。

ただ、澪奈の苦悩を知りながらも救えず、余命1年の自分よりも先に死んでしまったことの後悔もあったのでしょう。

元恋人の文香を苦しめたフェイク動画と同じ手口で澪奈は苦しめられていたため、一颯は澪奈の気持ちが痛いほど分かっていたのでした。

そして、澪奈の死の真相を探る行動によって、世間に対しても無数の投げかけを行っていました。

一颯の行動に二転三転する何も知らないはずの人々の自覚のない悪意。

当事者でもない人々が不確かな情報を元にして誹謗中傷で盛り上がっていく姿こそ、一颯のあぶり出したかった黒幕だったのです。

澪奈の自殺の真相は?

澪奈の自殺の真相は、SNSマインドボイスに殺されたというものでした。

澪奈を最初に苦しめたのはもちろんドーピングのフェイク動画ですが、それはあくまで一時災害であり、すぐにでも間違いだと理解されていればここまで大きな事件にはならなかったはずだと一颯は言います。

その動画はSNSマインドボイスによって拡散され、何も知らない人たちの自覚のない悪意、誹謗中傷や罵詈雑言の言葉のナイフが、澪奈の心を何度も何度も刺したのでした。

そのことが二次災害となり、澪奈は幻覚、幻聴を感じ、精神を病むようになりました。

澪奈が自殺した日、さくらは事件現場のビルの屋上で澪奈と会って話をしていました。

その途中でさくらの携帯が鳴り、さくらが携帯を手にしたことを見た途端、澪奈は幻聴に責め立てられていたのでした。

澪奈は周りのみんなが敵に見えてしまうようになり、そんな風に思う自分がたまらなく嫌で限界を迎えていました。

そして、突発的に飛び降りようとしたのです。

腕をつかんださくらは澪奈に生きてほしいと願うも、「はなして、苦しいの。このままだと壊れちゃう。楽にさせて」と言われ、手が離れてしまったのでした。

もちろんわざと離したわけではありませんが、このことがさくらのこともずっと苦しめていたのです。

Sponsored Links




自殺原因の真犯人はネット投稿者?

澪奈はSNSマインドボイスに殺された=顔の見えない不特定多数のネット投稿者が真犯人でした。

10日目の朝8時、マインドボイス上で一颯はこの事件の真の目的を語り始めます。

とある街角、とある店の中、とある家でこの事件の行く末を見届けようと、世間の人々が見守っていました。

そして、SNSによる暴力を世に知らしめること、この10日間においても世間の人々が不確かな情報に踊らされ意見を二転三転と変えていたことを訴えます。

一颯は凶悪犯からヒーローと呼ばれ、一時は武智先生たたきが始まり、最後には一颯が犯人だと意見がどんどん変わっていきました。

マインドボイスの投稿者たちは情報次第ですぐに意見を変え、周りに流されて意見を合わせ、その都度心無い言葉をあびせてきました。

澪奈のことを大して何も知らないはずの不特定多数の人の言葉が、どれだけ彼女の心を傷付けて自殺に追いやったのか、誰も自覚がないのです。

一颯はマインドボイスに向かって「お前たちが景山の命を奪ったんだ」と訴えました

もちろん、ネット上では反感の声ばかりあがります。

それに対し、「マインドボイスは誰もが気軽に繋がれる便利なツールだが、その一方で恐ろしい暴力装置にもなりえる」とさらに訴え、言葉は誰かを傷つけるためのものではないのだから、もっと人に優しく、自分を大事にしてほしいと伝えるのでした。

この一颯の訴えも、大多数には痛くもかゆくもないことだったかもしれません。

しかし、1人でも踏みとどまり、考えてから行動できる人が出てくるようになることを望んでいました。

そして最後には、「あなたに届いてほしい、聞いてくれてありがとう、Let’sThink!」でしめたのでした。

ぶっきーの訴えは、ドラマを見ている私達への訴えような気がしたよ!
現実を生きる私達も、ぶっきーの想いを受け止めないといけないね。
Sponsored Links




3年A組のオチについてネットでの反応は?

まさか犯人がSNSのユーザーという結末とは予想外だった。一颯が叫んでた相手は、画面の奥の不特定多数の、名前も顔もわからない人たち。
でも、これは今の誰にでも当てはまる、決して他人事で片付けられることではないのはたしか。
みんなが3年A組見ろって書いてるから
今日初めて最終回だけみてるけど
なるほど、そういうことか💡
SNSの誹謗中傷の怖さって事なのね。
外と普通なオチだし、なんなら確かに暑苦しい
3年A組を全て見させていただきました。1つの話が全て心に刺さる。今の時代は不特定多数が利用するSNS、何気なく石を投げても当たった人には致命傷になる。発言する自由があるからこそ考えねばならない。今はそれが足りなさすぎる。
社会に出ても大きな子供が多すぎる。どうか伝わりますように。
3年A組、茅野ちゃんが救われるラストで良かった。
3年A組少し面白いって見てたけど、最後は単純なSNS批判がっかりでした。しかも不特定な意見への批判。そんな批判に負けない心を教育すべきではないだろうか。
ネットいじめはホントに無くなって欲しい、3年A組の最終回見て学んでほしい。ネットだからってなんでも書いていいわけじゃない
3年A組。感動しました。ネット社会。不特定じゃないんだよ。いまや。必ず特定されると思います。だからじゃなくても自分の発言にはしっかり責任を持たないと。SNSは応援の場にしたいです。
3年A組の最終回 前話がものすっごい気になるラストだったからめっちゃワクワクしながら見てたのに あ、こういうオチ?つまんねってなって終わった
あれだけ黒幕がどうのこうのって引っ張っておきながら 結局SNSが〜って…
ガンにおかされてく役柄で見事にどんどん痩せていった役者菅田将暉は素晴らしい✨ 演技はいうまでもなくうまいしね。てかすんごい痩せた本当に。ついでに美しすぎよ……マジ美しい美しい……✨✨

出典:Twitter

まとめ

一颯の行動は復讐ではなく、これ以上犠牲者を出さないための「救済」として起こしたものでした。

最後は逮捕されますが、3年A組の生徒たちにとってはやはり一颯はヒーローでした。

10日間の事件で世の中は大きく変わることもなく、何事もなかったかのように日々は過ぎていきますが、一颯の思いはきっと誰かに伝わっていたと思います。

少なくとも生徒たちはいろんなことを学び、考えるようになったはずです。

視聴者である私たちもドラマの中のこと、他人事と思わず一颯の思いを少しでも受け止め、考えて生きていけたらいいなと思いました。

Sponsored Links




■ 関連記事

関連記事

  1. 3年A組菅田将暉の衣装ブランドまとめ。ブーツや眼鏡は?

  2. 3年A組福原遥(みなこしすずね役)の経歴が凄い!演技力はどう?

  3. 「3年A組-今から皆さんは人質です」のキャストまとめ!ジャニーズの注目…

  4. 『3年A組』柊一颯は何の病気か予想!余命宣告されてる?

  5. 『3年A組』生徒の3年後の進路!交際・妊娠・活躍しているのは誰?

  6. 3年A組 金沢玲央(かなざわれお)役『新條由芽』のプロフィールは?意外…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気の記事!

カテゴリー

PAGE TOP