動画配信サービス

3年A組最終回(第10話)見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹介!

3年A組は第10話でついに最終回を迎えました。

柊一颯が立てこもり事件を起こした理由、景山澪奈の死の真相、茅野さくらは本当に澪奈を殺したのか?

全てのことが明らかになりました。

また、柊一颯が訴えたことはドラマ内に収まるだけでなく、実際に現代を生きる私達へのメッセージでもありました。

俳優、監督、脚本家の皆さんの熱い想いがたくさんつまったドラマでしたね。

そんな3年A組をもう一度見たい!という方にオススメなのが動画配信サービスです。

今回の最終回だけでなく、全話見られる動画配信サービスも合わせてご紹介しますね。

3年A組最終回(第10話)の見逃し動画配信サービスはこれ

3年A組最終回の見逃し動画配信サービスは今のところ以下の3つになります。

  • Tver(放送終了後1週間視聴可能)
  • 日テレオンデマンド放送終了後1週間視聴可能)
  • Hulu(放送終了後から視聴可能)

Tverと日テレオンデマンドは無料で閲覧が可能です。
ですが、放送終了から1週間の限定配信となるので、3年A組最終回(第10話)は3月17日(日) 22:29 に配信が終了となります。

もし、3月17日(日) 22:29 以降に見るのであれば、『hulu』の利用がおすすめです。

『hulu』は月額933円(税抜)で国内ドラマ、アニメ、海外ドラマなど幅広く見られる動画配信サービスです。

話題の人気ドラマ『おっさんずラブ』『今日から俺は!!』なども配信されています。

もちろん3年A組も最終回(第10話)だけでなく、全話見ることができます。

今なら2週間の無料お試し期間も!

ちなみに、動画をどれだけ見ても2週間以内に解約した場合には料金が請求されることがありません

3年A組をまた見てみたいという方はぜひ『hulu』で見てみてくださいね。

▼Huluは2週間無料トライアルあり!▼

2週間の無料トライアル



※その他『3年A組』『おっさんずラブ』『安室奈美恵ラストツアードキュメント』等も見放題!


動画共有サイトの利用がおすすめできない理由

ドラマの無料見逃し動画では、動画共有サイトDailymotion・Pandora・miomioなどにもアップロードされていることがあります。

ですが、これらの動画共有サイトでは著作権違反でアップロードされている動画が多いため、おすすめができません。

なにより、パソコンのウィルス感染、個人情報が漏れる恐れがあります。

無料で見られるという甘い誘惑に負け、大きな損失を被る可能性は大。

ドラマや映画は動画配信サービスで見ることが一番安心かつ安全な方法といえます。

Hulu

3年A組最終回(第10話)アンケート結果を発表!

当サイトでは「3年A組ー今から皆さんは人質ですー」最終回(第10話)を見た方を対象にアンケートを実施しました。

その結果の集まった感想をご紹介しますね。

自殺した生徒はなぜ自殺してしまったのか、誰が犯人なのかの言う内容で、一話目から次の展開が読めずに毎回ワクワクしながら視聴してました。
自殺した生徒との童画が出たときは生徒は自殺ではなく武智先生が殺したのかと思いましたが、途中からSNSについてかなり触れていたため最終回ではやはり予想通りで失速しちゃったなー、と感じました。
もう少しSNSの話題をだしていなかったら本当に展開が読めなくて最終回でもっとドキドキでき、最終回ではもっと予想を裏切ったような展開だと、もっと面白かったと思います。
でも、菅田将暉や生徒役の演技がスゴく魅力的で、この後の展開がおおよそ分かってしまっても、ハラハラドキドキと楽しむことができました。菅田将暉の屋上から飛び降りたシーンはヒヤリとしました。
全体的にはとてもきれいにまとまった最終回だと思うし、SNSでの発言を考えさせられるような、今の時代にあったドラマだったな感じました。
3年A組は内容がスッと入ってきて素直なドラマだなと感じました。
ストーリー重視というよりは訴え、今の社会に言いたいことをまとめてると思います。
ネットは便利な道具の反面使い方によっては怖い道具になる。それを柊先生がドラマ全体を通して教えていました。
一つ一つの情報に流されてネットの住民たちは次々と自分の意見を変える、それに対し3年A組の生徒たちは最終的に柊先生の行動の意味を考え自分達の意思で行動をしていました。
世間がどんなに柊先生を悪者にしても生徒達は自分の目で見た先生を信じて助けに行くというところに私は感動しました。
顔が見えない分どんなに攻撃しても自分は安全。相手に何があっても自分は無関係。ネットを使うだけで自分の性格を変えられる人を私もたくさん見てきました。
ネットで傷つけられた人は幻聴幻覚が見えてしまった影山さんや武智先生の気持ちがわかるのではないでしょうか?
このドラマのネット住民のように流されてしまう人はまだまだ多いと思いますが、最後に出た柊先生を攻撃してた人のように文字を打ち込んだ時に柊先生のことを思い出して1歩とどまれる人が今の社会に1人でも増えたらいいなと思います。
時代に合わせた良いドラマでした。
澪奈を殺した黒幕がネット民の誹謗中傷だったというオチは、かなり意外でした。警察上層部とか、もっと凶悪な真犯人が出てくると思っていたので、完全に肩透かしを食らった感じがしました。
一颯は、ベルムズの作ったフェイク動画はほんの入り口で、そのデマを真に受けて煽ったネット民のせいで澪奈の心が殺されたと言っていました。
確かにそれも一理ありますが、個人的には、やはりトドメを刺したのは、クラスメイトのシカトと嫌がらせだったんじゃないかと思います。
確かに、他人の心ない言葉で精神を病んだ澪奈にとっては、もう友達の声も届かない状態だったかもしれません。
でも、二次元の世界からのアプローチよりも、リアルな世界でダイレクトに感じる苦痛のほうが何倍も辛いはずです。
特に、宇佐美の「あんたが死ぬなら嫌がらせをやめる」という言葉が自殺の引き金を引いてしまったような気がします。
でも、最終的には、やはり全部引っくるめて言葉の暴力による自殺だったという一颯の主張に繋がっていくのかなと感じました。
一颯がこれだけやっても、大半の人には何も響かないという現実は、実際の社会もそうだなと改めて感じました。
ネット社会の恐ろしさを肌で感じさせられる、深いストーリーだなと思いました。
どんな結末を迎えるのか、気になって気になって仕方ありませんでした。
最後まで柊一颯の目的がわからなかったのですが、納得しました。
SNSの広がりの怖さ、言葉の暴力、それがいかに人に影響を与えるかを教えてもらいました。
現代の日本人には必要なことだと思います。
最近はSNSが発展して、SNSにあげることで、注目される一方、悪ふざけもすぐに広がることをもっと自覚すべきだと思います。
世の中にたくさん人がいる中で、伝わらない人もいたと思いますが、私は気をつけないといけないなと改めて思い直すことができました。
その投稿をする前に、それをしたらどうなるのか、考える、踏みとどまることの大切さを教えてもらいました。
ニュースをみているとするわけないと思いながらも、いざ自分がその立場に立った時、このドラマを思い出したいです。
今の時代には見るべき人はたくさんいるドラマだと思いました。あとは若いイケメン俳優さんがたくさん見れて幸せでした。
まさか、景山澪奈の死が、他殺によるものではなく、自殺によるものであったとは、思いもしませんでした。
しかも、ネットによる誹謗中傷が原因だったとは、とても意外でした。
ネットに書き込みをした人物たちが、顔の見えない相手だからこそ、自分の身の周りにいるかもしれないと不安になり、景山は命を絶ったと思うと、やりきれない気持ちになりました。
一颯が、景山を救えなかったさくらのために、一連の騒動を引き起こしていたことが分かり、さくらの気持ちを思うと、救われる思いがしました。
一颯の行動が、ネット社会における警鐘を鳴らしているものだったので、現代的な問題を提起しているなと感じ、改めてネット社会の恐ろしさを実感しました。
ただ、内容が終わるのが思ったより早く、結末が少し物足りない感じがしたので、もう少し余韻に浸れるような感じにしてほしかったなと思いました。
特に、生徒たちの卒業式やその後の様子は、見てみたかったです。
でも、最後の最後まで、ハラハラさせる展開で、謎が深まっていく感じは、見ていて、とてもおもしろかったです。
毎回見るたびに、次回が楽しみでした。
内容が挑戦的で、新しい形のドラマだったなと感じました。
またこのような形のドラマが見たいと思いました。
9話で柊先生が犯人の事を生徒達に言っていて、音声が聞こえない部分がありますます最終回の犯人の事が気になりました。
自殺の原因のフェイク動画を作った武智先生がきっかけではありましたが、それをよくも知らない他人がSNSで言いたい放題言った為、SNSが犯人でした。
今現在の社会を表しているようで、顔が見えないなら何を言ってもいいみたいな現状が突きつけられ胸を打たれました。柊先生の熱弁も良かったです。
今の社会にすごく必要な事だったと思います。簡単に言葉を発信出来る時代だからこそ、発信する前に1回グッと踏みとどまってクルッと考える事が必要なんだと思いました。
このドラマを見てそういう人が少しでも増えるといいなと思いました。
ストーリーの最後に柊先生は茅野さんの心を、自分の身を投げ打ってまで救ったところが感動しました。涙がでました。
こんな先生に出会えていたら、自分の人生も周りの人の人生も凄く良い物に変わっていくと思います。
やり方は凄いですが、こんな先生がいたらいいですね。
今のこのインターネット世代の若い学生たちから、大人の方まで幅広い年齢層に響くものがあった作品ではないかなぁと思います。
今は芸能人のスキャンダルだけでなく、一般の人たちも同じようにインターネットの世界で住所や個人情報などかあっという間に拡散されてしまう時代です。
そして見ず知らずの人を叩いたり、批判したり、心無い言葉で一瞬にして傷つけてしまうという事実を生々しく描いてくれたドラマだったと感じます。
匿名で書き込める手軽さで、簡単に知らない人と繋がれるというメリットもありますが、このドラマのようにインターネットの世界で叩かれて心を病み、命を落としてしまう人はどんどん増えているように感じます。
幼い頃から身近にインターネットがあるこれからの世代を担う若者に、インターネットの恐ろしさをきちんと理解してもらえたらと教師の目線で見てしまいました。
そして自分も改めて人を傷つけることのないよう言葉に責任を持とうと思いました。
前の話の終わりで、れいなを殺したのは私だ、とさくらがクラスのみんなに話したので、え?と思いました。
柊先生は、段々症状も悪化していく中で必死に生徒に授業をしていました。
今の世の中に向けて行なっているような内容ばかりで毎回心に響きました。どれもSNSの内容で、真実かどうかしっかり確認もしないまま誹謗中傷をしていたり、私も実際にそのようなことを、していたと思います。
なにより真実か確認せず、嘘だとわかっていても仲間の多い方に味方につき、1人の人をいじめてはいけないと分かっていても、権力の強いものには勝てません。
人間は平等だと言われていますが、そのようなものを見ると、どこが平等なのかと考えさせられます。
柊先生の授業で、感情をまかせた言葉が影山れいなのような犠牲者を出すかもしれない。という言葉が胸に一番響きました。
自分の感情まかせな言葉で人を傷つけてきているのかなと考えました。これからは感情まかせにせず、一回、くるっぱと考えるようにしようと思いました。
ネット社会になり、嘘か真実か定かでない情報を鵜呑みにし、惑わされ、それによって誰かの人生をも変えてしまう怖い世の中。
そんな今の時代に沿った、今の時代を生きる全ての人が見るべきテーマに作られたドラマだったと思います。
誰もが平等にネットに書き込む権利を持ってはいるが、顔が見えないからこそ、匿名だからこその誹謗中傷な書き込みをし、責任転嫁も簡単にし、簡単に言葉一つ写真一つを悪用し、悪用されてしまう世の中。
軽はずみな言動をする前に、もう一度考えてほしい、踏みとどまってほしい、その一言が誰かを救えたり追い込んだりするから。
柊先生の教えは毎回、真剣にそのことを伝えていたと思う。最初から最後まで、生徒のため、恋人のため、世の中の人のため、少しでもこの世の中がよくなるために、全くブレなかった柊先生。
その思いが現在を生きる私たちにも、テレビを通して伝わっているといいなと思いました。
このドラマがきっかけで、柊先生の言葉がきっかけで、何か一つでも変わっていたらいいなと思いました。
いいドラマでした。
2019冬ドラマの中でも特に注目が集まったドラマだったね!
まだ見ていない人は、huluでぜひ全話イッキ見してみてね!
▼Hulu2週間無料トライアルの登録方法▼

・クレカ等の情報を登録すれば2分で出来ます(Facebookアカウント登録も可) ・スマホアプリでも、PCからも観覧可能
・有料継続した場合月額933円(税込み1007円)
・扱っているすべての作品が見放題(dtvやU-NEXTのように一部有料はない)
・日テレ×Huluと日本初上陸の海外オリジナル&新作ドラマ見放題
・その他『安室奈美恵ラストツアードキュメント』『けもなれ』『斉木楠雄のΨ難』等が人気!

2週間の無料トライアル


■ 関連記事

関連記事

  1. 3年A組ふわこうだい役は飛田光里!子役からの活躍と演技の魅力はどこ?

  2. 3年A組に大原優乃(つじもとゆうか役)出演!Dream5みこち・ゆうの…

  3. トレース~科捜研の男~第4話見逃し動画!無料で見られる配信サービスを紹…

  4. 3年A組の熊沢花恋(くまざわかれん)役に堀田真由!経歴や演技力の評価は…

  5. 3年A組『ベルムズ』Kの喜志正臣役は栄信!伏線やプロフィールは?

  6. 3年A組第9話見逃し動画!無料で見られる動画配信サービスをご紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事!

PAGE TOP